レビュー一覧に戻る
ホワイト・ライズ
2004年12月11日公開

ホワイト・ライズ

WICKER PARK

1162004年12月11日公開

dkf********

3.0

美女見たさに映画を観たっていいじゃないか!

美人女優好きの自分としては、ダイアン・クルーガーとローズ・バーンというタイプの違う美女ふたりが共演していることで前から気になっていた作品。オリジナルのフランス映画「アパートメント」も観ていたので、その比較の面でも興味深く鑑賞した。 本作で観られる20代の頃のクルーガーの見目は、まさしく絶世の美女系の佇まいで見惚れるほど。オリジナルで同じ役のモニカ・ベルッチも美しかったが、遜色ない美女ぶりは眼福だ。 かたやローズ・バーンはどこか田舎娘的(役作りのせいか?)な雰囲気で、より親近感のある身近な美人という感じ。ただ彼女は本作の若い頃より、美魔女的美しさのある今の方が断然よい。 このふたりを見るのが目的だったので内容は二の次だが(笑)、オリジナルの個性的なストーリーラインはそのままにラストがいかにもな普通のラブストーリーに収まってしまった印象は否めない。反面、ハリウッド映画らしい見やすさは格段に向上しているので、比較しなければそこそこ楽しめると思う。 美しいものを愛でるのは人間の本能。美女見たさに映画を観たっていいじゃないか!

閲覧数102