ここから本文です

運命を分けたザイル (2003)

TOUCHING THE VOID

監督
ケヴィン・マクドナルド
  • みたいムービー 144
  • みたログ 521

3.88 / 評価:194件

せっかく大スクリーンに映すんだし

  • エル・オレンス さん
  • 2018年11月13日 22時26分
  • 閲覧数 449
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

途中眠気が何度も襲い、結構退屈でした。

パッと画面を観た時、TV番組?なんかのDVD特典?と思いそうな平凡な編集&演出だと思います。真っ白なアンデスの山々の映像などには圧倒されましたが、本人インタビュー映像と俳優の演技映像を延々と切り替えて映し続ける構成は、あまり魅了されませんでした。

せっかく大スクリーンに映すのだから、それ相応の映像作りを意識して欲しかったです。例えば、『イントゥ・ザ・ワイルド』(2007)のショーン・ペンや『127時間』(2010)のダニー・ボイルとかが手掛けてたら、ずいぶん変わったと思います。

印象的な場面は、底に落っこちたジョーが、切られたザイルを目にした時、サイモンに対する怒りではなく、「生きてるんだ」という喜びの感情が湧いたとジョー本人が語るところ。生還後にサイモンが登山仲間から大批判を受ける中でも、ジョーは彼をかばい続けたそうで、彼の人間性そのものに感動しました。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 悲しい
  • スペクタクル
  • 恐怖
  • 勇敢
  • 絶望的
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ