2005年2月5日公開

1リットルの涙

982005年2月5日公開
1リットルの涙
4.1

/ 132

48%
27%
19%
1%
6%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(75件)


  • gar********

    5.0

    村川敦子小泉進次郎山根徹と秋田香 野谷浩介 薬剤師原田恵 タオル胸張りAカップ

    タオル体操胸張りの厚狭田舎者の村川浩子敦子さんは、茨城県 筑波大学で、堺町ナンバーツーモデル172㎝Sサイズ jカップの後追いですか?1=1小泉進次郎野谷浩介山根徹キョンシーコスプレどうぞ。私とブル君の医学科の邪魔して 更に、京都女子高現役防衛医科大学も邪魔したのは厚狭 古開作 田舎者村川敦子ですね。私に薬を盛ったのは自民党三区しんどうせいじ村川敦子ですね、あなた達が逮捕されて下さい。私は、西南女学院高等理数科トップマーサー大学医学科特許です。岸田総理ハレンチ政権 神社八幡宮サントリー私物化で無料飲酒未成年者飲酒自民党ナチスも含め お答え下さい。東南アジアへの去勢も説明しろナチス医療日本 下関西高校生でりっちゃんとマルさんの後追いきちがいの原田恵薬剤師ナチス。ヘルプ 幸恵さん。ヘルプ浜崎あゆみ様。ヘルプ ミランダカー様。ヘルプ 富永愛様 ヘルプ博義さんの娘様 ヘルプ福岡地裁。いいですか。境町で高級黒コートが盗まれています、犯人は、村川敦子のav答えろよ怒。梅光ではなくサビエル高等学校なのは何故ですか。ブル君達と、あっちゃんの娘の恋愛も邪魔すんなよ怒。みよちゃん、答えてくれますか。私にあいつって言ってる場合じゃないですよ怒。自民党って、伊藤博文の子孫じゃないから終了して下さい。吉川タケルの18歳女子大生と飲酒だろ、昭和女子大学厚狭田舎者強烈村川浩子関係者いますか 。くっせーーーーーレズ(笑)自民党お前らまとめて、ams club兼 クラブランジェリー堺町 周南店アロマセラピスト特許医師きたさんに会えよ怒。16歳やりマン画像あり村川敦子厚狭田舎者ご自慢のAカップ出せよ。(笑)。私達堺町のメンバーズは、洋服ありますから トップモデルだから。(笑)。地主なんだよ堺町ビルの。早く返せ怒。おっかずーーーーーーーーーーーおっかずーーーーーーーーーーーおっかずーーーーーーーーーーーおっかずーーーーーーーーーーーおっかずーーーーーーーーーーーおっかずーーーーーーーーーーーおっかずーーーーーーーーーーーおっかずーーーーーーーーーーー行けよ厚狭村川敦子ポーンハブポルノ鬼畜へ怒。日本男児が売り飛ばされたの村川敦子が原因ですよ怒。ぬくぬくと 人の家庭を侮辱しやがって怒。小泉進次郎野谷浩介海上保安庁自民党田舎者説明しろ怒 無料でお酒を18歳女飲酒とセックスデート。青木君達、やっとだよ医学科怒 知ってる事を消防団に全部伝えて下さい。笑うね厚狭のリンゴ婆さん自民党ナチス無国籍しんどうせいじ達のやりちんとやりマン。青木君、ブル君とニックネームタク23歳のメル友医師に会って来てね(笑)はいはい、ライン。ラインって どういう仕組みか分かってますか(笑)画像f00000000001=1小泉進次郎野谷浩介弦川浩尚 今日も嫌がらせ弁当。乙。

  • s07********

    5.0

    作品自体はとても良いです。

    作品自体はとても良いです。しかし先にドラマを見たあとにすぐ見るとストーリーが簡素化された感じでたんたんと進むようでそれほど涙腺はゆるまないと思う。

  • swh********

    1.0

    退屈な凡作

    残念ながら途中退席を考えるほどの駄作でした。 間延びした話しの羅列で、脚本も演出も最悪。 二度と見ないでしょう 泣かせようか?

  • Multiverse

    5.0

    文部科学省選定

    振り返って、映画館で一番泣いたのが、この映画だったかな。

  • u2

    5.0

    お涙ちょうだいは大嫌いだけど

    この作品は、「病気だから可哀想」「病気だから悲しい」のお涙頂戴映画とは違う。 病気とかではなく、人生の向き合い方を教えてくれる気がする。 ドラマの1リットルの涙より、断然こちらをお勧めする。 特に主人公が取り憑かれたかのように本人にしか見えない。 映画というより長編ドキュメンタリーのよう。

  • cyborg_she_loves

    5.0

    大西麻恵さんの迫真の演技

     かとうかずこさん・松金よね子さん以外の大人の出演者の演技は、失礼ながら、いかにも「演技!」っていうわざとらしさがあって、好きになれませんでした。  しかし、高校生役の皆さんの演技がみんな、涙を誘います。これは、演技力というより、主演の大西麻恵さんが本当に心からの感情を注ぎ込んだ演技をされているのに、みんな引っ張られて感情がほとばしり出てきているからだと思います。  大西さん、本当に素晴らしい女優さんですね。障害者を演ずるのって、どうしても不自然になり、時に嫌味にもなることがあるものですが、大西さんの演技はとても演技とは思えないリアリティがあって、そしてその傷害に苦しんでいる人たちの感情も、まるで自分のことのように感じながら演技されていると思います。  何回も見ましたが、何回目になってもやっぱり涙が止まらなくなります。「悲しい」というより、「悔しい」という言葉が頭に浮かんできます。公衆電話がかけられないシーンなんて、ほんとに歯ぎしりしたくなるぐらい、悔しいです。  最後の「生きたい」っていう一言。とてつもなく重いです。「死にたい」っていう言葉が軽々しく口にされるのを、しょっちゅう耳にするから。  余談。翌年に作られたテレビドラマの押し付けがましさにげんなりした方は、それと同じようなものだろう、とはどうか思われぬように。あちらは演出によって視聴者を感動させてやろうという計算が丸見えで、嫌味です。映画の方は、ただ事実をそのまま描いただけ、という淡白さが、逆にストレートにこちらの心を揺さぶります。

  • ちゃめたろう

    3.0

    ドキュメンタリー映画として

    映画というエンターテイメントとして観ると余りにも淡白で感涙するような作品では無いです。 しかし、日に日に削ぎとられて、人間としての機能が奪われて行く様子を表現する演技力は凄いです。 娯楽として楽しむ作品ではなく、事実を忠実に表現し構成したドキュメンタリー映画としては素晴らしく、健常者として生きていることが当たり前の人として、色々と考えさせられました。

  • OTO48

    3.0

    普通

    泣け!泣け!が少ないのは良い。 実話ベースなので、高望みはできないが、あまり惹き込まれなかった。

  • うににー

    5.0

    お涙ちょうだい映画だと思わず見て欲しい

    人生で1番泣けた映画です。 決して綺麗ごとを語った作品では無いです。 実話に基づく、彼女と周りの人の人生のお話です。 初めて見たときは、映画の終わりで自然と拍手が出ました。彼女を尊敬します。本当に強い人間ってこうゆうことなんじゃないかなと思いました。 私自身、重い病気になったと勘違いした事があるのですが(笑)その時はまだお金を稼げる年齢ではなかったので、自分の為に必死に働いている両親にせめてもの恩返しをしなくては死ぬに死に切れない!と思ったので… もしかしたら彼女も、母の為にも精一杯生きたのかもしれません。 人は自分の為に頑張るのは限界があると思うので。 ドラマとは全く印象が違います。 あまり有名では無い方が出ているので、見ているうちに“作りもの”を見ているということを忘れてしまいます。演技も素晴らしかった。 世の中なめ腐ってる奴や、自分ばかりが恵まれないとか勘違いしている人間が目を冷ますのに良い映画。自分はなんて甘ったれた人間なんだということを思い知らされます。 病気の事を知ってもらうためにも、とても価値のある作品だと思います。

  • bel********

    5.0

    言葉なし

    一生支配されてしまう作品。これ以上の映画はないでしょう。大西麻恵さん、何なんですか、演技超えてます。50回以上見ると思うのですが、監督もくせ者なんじゃないかな?最初は演出に?だったけど、あえて、このようにしたんだと思うようになった。 大西さん 惚れました。

  • wat********

    4.0

    いいのだが・・・

    原作やテレビでも好評だった作品。間違いなく泣けるし、これは良かったと思う。 しかし、制作費が乏しかったのか、主人公、かとうかずこ、鳥居かほりくらいしか出演者がおらず、実際にはほかにも俳優が出演しているのだが、極めて短い時間だった。泣きながら、「なんかヘンだな」と思った次第。しつこいようだが、作品はすばらしい。

  • kao********

    5.0

    はじめまして

    本当に1リットルの涙でますね。 私も実は脊髄小脳変性症なのです。 亜也さんみたいには格好よく生きてゆけるかは 分からないけど頑張って生きようと思います。 親、妹に恩無返しができるようにがんばります。

  • tjc********

    4.0

    ネタバレ無条件のやさしさを、今、深く刻め

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • yyf********

    4.0

    息子の『夢』…。

    今、息子の進学に悩んでいて… だって…金もないのに、大学院へ行くと言うんです。 大学は想定内だった。 院は想定外…。 親の立場、『夢』だったら、叶えてやりたい…。 けど、県外だし、出せるお金などないし…。 当然、猛反対しました。 でも、本人が『夢を叶える為の道』『やれる』『行きたい』と訴えるから…。 行かせなきゃね☆ でもね、私は息子をライオンが子供を崖から突き落とした気分です。 息子よ!荒波を乗り越え、崖を這い上がって、来い!! たまたまドラマの再放送があっていて、ついでにDVDも観て見ようと観賞! 落ち込んでいる私に、力を与えてくれました。 養護学校時の先生の言葉があります。 「歩きにくても、歩く! 人間は歩く様にできるんだから…」 「時間を守る!体が動かないなんて、理由になりませんよ!」 「自分で立ちなさい!集団生活では、泣いてはいけません!!」 予想に反して厳しい!  私はいったい、何をしているんだ~! 頑張っている息子の為に、何をしたらいいんだろう? 仕事を出来ない私、何も出来ない私が悔しい! それでも、今は、すべき事をちゃんとやる事! それが全てかな? 元気で、入院などしない!!  心配かけないのが一番の応援かな! 亜也ちゃん   あなたの笑顔が目に浮かびます。 「不幸じゃない!    不便なだけだ!!」 「出来ないと思っていた事が、出来ると思い直した事」 負けない心、強い心…。 優しい心、向上心…。 貴方の一生、短いけど輝いていたよ!! 貴方が居た事で、今、私が救われている。 人の為になる仕事をしたい… 貴方の『夢』…ちゃんとお母さんの力を借りて、達成してるよ!! そして、息子よ!! 亜也ちゃんの分も、自分の『夢』を叶えて男になって帰って来い(願)!!

  • abu********

    4.0

    良作

    ななかよかったですね。 最初はちょっとふらつくとか、バランス感覚が 少し失ってるとか、そういう初期症状から始まって、 ちょっとずつちょっとずつ病気が進行していく。 つまり物語が進むにつれて病気が悪化していく わけだけど、当然こういう作品の撮影というのは 順撮りだろうと思ってたんです。ところが 特典映像を見てみると、バラバラに撮ってるわけですね。 これは凄い。主役を務めた大西さんは、 気持ちの持っていき方とか演技の仕方とか、 かなり難しかっただろうと思います。 作品自体の作りも丁寧だと感じましたし、なにより こうやって映画として世に送り出す、ドラマ化も されましたけど、そうすることによって意義がでてくる、 ノンフィクションのよさだなと思います。

  • tig********

    5.0

    とにかく感動

    一度は見て欲しい作品だと思います。亜矢ちゃんの生き方に感動!亜矢ちゃんの生き方は勇敢でありかっこいいとも思います。自分はこうは生きられないのではないのないかと思います。ときおり見せる死の恐怖をも克服する亜矢ちゃんの勇敢さも感動できる作品です。あれこれいうより興味がある方は涙を拭く用意をしてから見ましょう!

  • kam********

    1.0

    泣けるのだろうけど・・・

    「映画」としては良い所はあまりなかった。お金払わず「ドキュメンタリー」として見る分には★4つなんだけどね・・・ ただ映画にすることにより多くの人間に見てもらえるのは良いことかもっということで★1つ

  • aki********

    3.0

    ネタバレ主役の熱演は買う

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • helpman

    3.0

    期待し過ぎに注意!

    とにかく大西麻恵さんが素晴らしい! この一言につきる!!! 内容は各自判断して下さい・・(爆)

  • kum********

    4.0

    特典に入っている予告をみて新たな思い

    母・潮香の書いた「いのちのハードル」を読んだことがあった。 (その前にこの映画を以前に見たことがあったかも…) 映画は基本的に亜也の身体的な変化、それにともなう感情変化を メインに描かれている。 TV版よりは原作に忠実に描かれているのでストレートに気持ちが入る。 この中だと、母親の潮香がすべて世話しているようにでているが 実際は家政婦さんが亜也について、世話にあたっていた。 父親や妹、弟の支えももっとあったようだ。 コンパクトにまとまっていて映画としては単純に感動できるし、泣きそうにもなる。 見ていて、耐えてくれ俺の涙腺よ!って感じもした。 ただ、特典に入っている予告に入っている最後のメッセージで考えさせられた。 「泣かないでください。一生懸命生きたのだから。」 俺が浅い考えしかできないからだと思うが、単純に映画をみて 泣きそうになっていたのはよかったのかと考えた。 不治の病になり、かわいそう。 本人・家族の苦労を想像してしまったからか。 それとも、亜也の強さに感動していたのか。 人の役に立てないがわかっているのに、なぜ生きたいのか。 (この本を出版して、十分人の役にたっているが) この映画を見て泣きそうになっていたのはよかったのかどうかと 思うようになってしまった。 最後に余談だが、現在100歳近くの祖父が入院することになった。 これまで末期がんで2年程度自宅で療養していたが、 心臓発作を起こして、救急車で病院に運ばれ1カ月くらいたつ。 祖父の最近の口癖が 「みんな先に行ってしまった。残っているのは俺だけだ。」 と言っていた記憶がある。 妻にも先立たれ、友達にも先立たれ、外にで出歩くこともできず ただ家にこもって生活するしかなかった。 病院にお見舞いにいっても、寝たきり状態になっていて ボケてはいるが意識ははっきりしているのか、泣きそうになっている祖父がいる。 自分の状況を認識して悲しくなっているのか。 生きることが辛くなってきたのか。 一緒に住んでいたわけではないので、親戚がメインで世話しているが 闘病生活も長くなると、周りにも疲れ・経済的負担もでてくる。 そうなると、煙たがられる存在になってしまうかもしれない。 完全にボケているならいいが、認識できる状態だとかなりの辛さだろう。 この映画の亜也も強く、素晴らしかったとは思うが それ以上に母親や家族が強かったから、短いがいい人生だったのではと感じる。

1 ページ/4 ページ中