レビュー一覧に戻る
セッソ・マット

セッソ・マット

SESSOMATTO/HOW FUNNY CAN SEX BE?

116

hi6********

2.0

70年代風味の艶笑劇

その昔、デ・シーカの名作の「昨日・今日・明日」は、 ソフィア・ローレンとマストロヤンニが、コンビでいろいろな カップルを演じる楽しいオムニバス映画であったのであるが、 こちらも、ジャンカルロ・ジャンニーニ、ラウラ・アントネッリが すべて二人で登場しての、オムニバス映画で明らかに意識して作られている。 でも、明らかに、監督の演出力の差は歴然としているし、コメディチックの ジャンニーニもマストロヤンニには遠く及ばない。 また、9編の短編であるので、一編一編が小片過ぎて、エピソード程度で終わっている。

閲覧数504