ここから本文です

マシニスト (2004)

THE MACHINIST/EL MAQUINISTA

監督
ブラッド・アンダーソン
  • みたいムービー 197
  • みたログ 2,110

3.31 / 評価:640件

クリスチャン・ベールに似た骸骨男は誰だ?

  • hoshi595 さん
  • 2021年1月8日 3時30分
  • 閲覧数 983
  • 役立ち度 2
    • 総合評価
    • ★★★★★

スティーヴン・スピルバーグ監督作品「太陽の帝国」で映画デビューしたのは13歳の時。「リベリオン」と「バットマン ビギンズ」の間に撮影された本作の主役は紛れもなく、あのクリスチャン・ベールだった。あばら骨丸出しの痩せ男を30キロも体重を落として演技したプロ根性には脱帽だ!

物語は、1年間も眠っていない生活が続いている主人公が、謎の男の出現に始まり、冷蔵庫のメモや不可思議な写真に翻弄され、自暴自棄の状態に陥る様が描かれていく。どこまでが現実で、どこまでが妄想なのか分からないまま進行するので一種の謎解きサスペンスになっている。

監督は、TVドラマ「FRINGE/フリンジ」や「PERSON of INTEREST 犯罪予知ユニット」そして「FOREVER Dr.モーガンのNY事件簿」などの監督を手掛けたブラッド・アンダーソン。何れもSF色が強いドラマで、不可思議な出来事を扱うのは慣れているに違いない。

真相を突き止めるため、自らを犠牲にして得た結論は何か?それは、空港のカフェテラスでコーヒーを飲む度にチップを多く払う訳にヒントが隠されているのだが、そもそも不眠症で1年も眠らない事が出来るのか気になってしまう。最後に誰も味方がいなくなったとき驚愕の事実が甦ってくる。

共演は、クエンティン・タランティーノ監督作品「ヘイトフル・エイト」のデイジー役が秀逸だったジェニファー・ジェイソン・リー。他では、「スキャナーズ」の衝撃的なシーンが忘れられないマイケル・アイアンサイドの顔も見られる。とにかくクリスチャン・ベールの役者魂が光る作品と言える。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 不思議
  • 不気味
  • 絶望的
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ