2005年2月12日公開

マシニスト

THE MACHINIST/EL MAQUINISTA

1022005年2月12日公開
マシニスト
3.3

/ 662

11%
28%
45%
11%
4%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(179件)


  • ベンジー

    3.0

    ネタバレう、うーん

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • yti********

    1.0

    ネタバレこれは酷い

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • hik********

    2.0

    おやすみなさい…

    俳優の役作りの凄まじさを改めて感じさせる作品。 ロバート・デ・ニーロやレネー・ゼルヴィガーなども、役作りのために体重を増減させる役者ですが、 これほどガリガリの体型になるまで体重を落としたクリスチャン・ベイルの役者根性には参りました。 本編としては、ありがちなサスペンス。 ラストがイマイチだったのがパンチ不足で残念。 ただ、伏線は巧いです。 冷蔵庫に張られた"あの絵"など、よく練られてます。 ちなみにベールの常軌を逸した役作りぶりは映画ファンの間では語り草。

  • ang********

    2.0

    ネタバレうーん、主役の意気込みは天元突破ですが。

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • koume1532

    3.0

    ネタバレ内容を楽しむというより・・

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • hok********

    3.0

    ネタバレ不眠の理由

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • oir********

    1.0

    やれやれ。。。。という徒労感しか残らない

    序盤で煙霧イリュージョン的なものということは感じらたが、落ちが分かるまでだらだらひたすらキチガイ男の妄想につき合わされたわけで、うんざりげんなりしたのが正直な感想。 ただ、上映当時は話題になったような記憶があるし、レンタルで何度か借りようとした記憶もうっすら残っている。何で借りなかったかは分からないが・・・ 何れにしろ今回視聴する機会を得られたことには感謝。 0.8の一つ星

  • ぷー

    2.0

    ネタバレふむふむ

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • 1048

    2.0

    パンチがなかった

    悪くはなかったが、 星3をつけれない評価。 なにかイマイチ捻りがなかったかな ぼやかすだけぼやかしといて 返しがもうひとつだった。

  • tcr********

    4.0

    どうやってオチが来るのかと

    オチがどんなものなのだろうと思ったいたら そういうことか と納得しました ですが基本的に割と退屈な映画であると感じました

  • kak********

    3.0

    クリスチャン・ベールに似た骸骨男は誰だ?

    スティーヴン・スピルバーグ監督作品「太陽の帝国」で映画デビューしたのは13歳の時。「リベリオン」と「バットマン ビギンズ」の間に撮影された本作の主役は紛れもなく、あのクリスチャン・ベールだった。あばら骨丸出しの痩せ男を30キロも体重を落として演技したプロ根性には脱帽だ! 物語は、1年間も眠っていない生活が続いている主人公が、謎の男の出現に始まり、冷蔵庫のメモや不可思議な写真に翻弄され、自暴自棄の状態に陥る様が描かれていく。どこまでが現実で、どこまでが妄想なのか分からないまま進行するので一種の謎解きサスペンスになっている。 監督は、TVドラマ「FRINGE/フリンジ」や「PERSON of INTEREST 犯罪予知ユニット」そして「FOREVER Dr.モーガンのNY事件簿」などの監督を手掛けたブラッド・アンダーソン。何れもSF色が強いドラマで、不可思議な出来事を扱うのは慣れているに違いない。 真相を突き止めるため、自らを犠牲にして得た結論は何か?それは、空港のカフェテラスでコーヒーを飲む度にチップを多く払う訳にヒントが隠されているのだが、そもそも不眠症で1年も眠らない事が出来るのか気になってしまう。最後に誰も味方がいなくなったとき驚愕の事実が甦ってくる。 共演は、クエンティン・タランティーノ監督作品「ヘイトフル・エイト」のデイジー役が秀逸だったジェニファー・ジェイソン・リー。他では、「スキャナーズ」の衝撃的なシーンが忘れられないマイケル・アイアンサイドの顔も見られる。とにかくクリスチャン・ベールの役者魂が光る作品と言える。

  • cho********

    5.0

    のめりこんだ

    不気味さ半端ない。とても面白かった。 しかしあそこまで痩せた俳優さんが心配。健康被害がないことを祈る。

  • nez********

    4.0

    なるほどね

    してやられた感はないけどなるほどそういうことかと腑に落ちる映画でした

  • miy********

    3.0

    ネタバレやっぱり痩せすぎ

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • koko

    3.0

    ネタバレ凄すぎて笑ってしまう

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • sad********

    5.0

    ネタバレ人間は丸2日間寝ないと発狂しますw

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • tak********

    4.0

    逃避

    だんだん話にのめり込んでいきました。 あっそうか、やっぱり違う が何度か繰り返され やがて話の全貌が見えてきそうになる。 これはどっちの人かいつの話かって少し頭を使ったかなぁ。。。 でも最後にはわかるように見せてくれ納得。 クリスチャンベールを初めて見たのがベルベットゴールドマインで、垢抜けない青年役をやっていたのに今回は別人のこの有り様! それから何年後に撮影した映画なのかわかりませんが振り幅凄すぎます。プロフェッショナル。

  • fr0********

    3.0

    「荒唐無稽なストーリー」、ではない

    これは認知症の症状そのもの。自分の親がこうなる可能性は高いと思うべきです。 今はホームにいる私の親がこの主人公と同様の言動でした。 周囲が結託して自分を陥れようとしているといって延々と罵り続ける。 存在する人間、しない人間の区別がつかなくなる。 作品内の同僚のように、出ていけ!二度と姿を見せるな!で済む人はラッキーで、同居している家族はぎりぎりまで追い詰められます。 けっして荒唐無稽な話ではありません。

  • b_o********

    5.0

    おもしろい

    不気味な感じの雰囲気がよかった。展開も結末も見ててすごく気になって夢中になった。オチもよかった。途中でだいたい気付いたけどな。

  • jir********

    4.0

    ネタバレ白痴

    このレビューにはネタバレが含まれています。
1 ページ/9 ページ中