ここから本文です

真夜中の弥次さん喜多さん (2005)

監督
宮藤官九郎
  • みたいムービー 135
  • みたログ 2,071

2.75 / 評価:377件

無心であれ。

  • mappy19760823 さん
  • 2020年9月13日 19時11分
  • 閲覧数 113
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

いつから映画はコンセプト、主張、メッセージを必要とし、心を揺さぶられるツールでなくてはいけなくなったのでしょうか?

ワタシにとって映画は非現実的な時間なのです。リアルではありません。
笑う、泣く、恐る為だけのツールでしかありません。

よって意味など不明で何が悪いのか理解ができない。
私は笑えたんだけどなあ〜大爆笑でした。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 笑える
  • ファンタジー
  • 不思議
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ