2004年12月18日公開

酔画仙

STROKES OF FIRE/PAINTED FIRE/DRUNK ON WOMEN AND POETRY/CHIHWASEON

1192004年12月18日公開
酔画仙
2.7

/ 25

24%
8%
16%
16%
36%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

朝鮮時代末期、開化派の学者キム・ビョンムン(アン・ソンギ)は、物乞いの子供チャン・スンオプを助ける。預けられた先で働きながら、スンオプ(チェ・ミンシク)は絵の実力を発揮していく。やがて彼は画家としての名声を得、宮廷画家にまで上りつめるが……。

シネマトゥデイ(外部リンク)

作品レビュー(14件)

不気味26.5%絶望的23.5%恐怖8.8%悲しい5.9%かっこいい5.9%

  • gtt********

    1.0

    つまらない作品

    韓国映画独特のえぐさみたいなものはありませんでしたが、終始退屈な映画でした。 見るだけ時間の無駄だと思います。 作品を通じて何か言いたいことはなかったのかと言いたい。。

  • oky********

    5.0

    朝鮮半島の史劇

    韓国映画だと、内容に関係なく、☆ひとつのレビューが増えます。これは反在日の人達の嫌がらせです。映画ファンの評価ではありません。気にしないで下さい。芸術や芸能や文化に、国境はないのだから。良いものは良いと認める人間でいたい。この映画の評価は☆☆☆☆☆です。

  • kaw********

    3.0

    ネタバレ一人でないと観に行かれない

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • suz********

    2.0

    芸術家向きです。

    実在した画家が元ネタのこの作品。 チェ・ミンシクとアン・ソンギ、ソン・イェジンなど有名な俳優さんが登場するのだが、 う~ん?ちょっと自分にはダメでした。 俳優の演技はもちろんのこと世界観と映像、そして水墨画はとてもすばらしい! だが、先日見た「王の男」があまりにもテンポが良かった! どうしても時代劇つながりで比較してしいます。 映像はとてもきれいなので、アーティストな方にはおすすめです。

  • m87********

    5.0

    可哀相な子が集まってます

    このレビューには子供が集まっています ガキです 映画を知らない子供達です 精神的な問題より人格的問題がありそうです このような人がいるから、世の中は悪くなりまた国と国、人と人との争いが絶えないのです 非常に残念です 大人になって下さい

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


受賞歴

カンヌ国際映画祭第55回

監督賞

基本情報


タイトル
酔画仙

原題
STROKES OF FIRE/PAINTED FIRE/DRUNK ON WOMEN AND POETRY/CHIHWASEON

上映時間

製作国
韓国

製作年度

公開日

ジャンル