ここから本文です

青い車 (2004)

A BLUE AUTOMOBLE

監督
奥原浩志
  • みたいムービー 82
  • みたログ 544

2.65 / 評価:93件

1996年と2004年の時差

  • あでゅ~ さん
  • 2008年8月6日 23時45分
  • 閲覧数 360
  • 役立ち度 3
    • 総合評価
    • ★★★★★

原作のコミックが1996年で
映画が2004年
この8年の時差でしょうか?

私は原作を読んでいませんが
奥原監督はじめ
この映画の作り手たちは
とっても原作のテイストを愛してたんじゃないかしら

でも
時差があった

1996年の日本を覆っていた閉塞感を
再現できなかったんだと思います
この映画は

その象徴が
宮崎あおいちゃんです

1996年には
まだ小学生だった彼女
1996年には
彼女のようなポジティブな魅力を持った少女はいなかった

彼女のポジティブな魅力
それが
1996年と2004年のちがいです
そして
この映画の焦点がぼやけてしまったことの
象徴だと思います

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 悲しい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ