ここから本文です

青い車 (2004)

A BLUE AUTOMOBLE

監督
奥原浩志
  • みたいムービー 82
  • みたログ 544

2.65 / 評価:93件

ARATA・宮崎あおい・麻生久美子

  • 黒猫嬢 さん
  • 2010年2月3日 20時21分
  • 閲覧数 804
  • 役立ち度 3
    • 総合評価
    • ★★★★★

原作:よしもとよしとも『青い車』 監督:奥原浩志 脚本:奥原浩志&向井康介

 「漫画」と「映画」の違いは、台詞や絵の構図が寸分違わぬ程に同じでも、漫画はコマとコマが移っていく視線やページを捲るスピードを読者が自分で決められるのに対して、映画は観客は流れてくる映像を観せられているに過ぎない。漫画を原作にして映像に置き換えて映画にして観客に観せられる作品にするには、脚色と編集に工夫を凝らさなければならない。例えば、「漫画原作」で「淡々としていてあまり起伏が無いストーリー」という共通点を持った作品で、山本直樹の同名漫画を原作にした『テレビばかり見てると馬鹿になる』が有るが、『テレビばかり見てると馬鹿になる』は脚色にも編集にも創意工夫が見られたが、今作『青い車』は何も工夫が無く映像をただ垂れ流しているだけ。製作者に「で、何で作ったの?」と聞いてみたい。登場人物の感情が生々し過ぎる。映像センスは好きなので、奥原監督の他の作品が観てみたくなった。曽我部恵一の音楽がとても格好良い。

 ARATA・宮崎あおい・麻生久美子が良かった。演技が上手いというより、俳優自身の雰囲気と役柄がピッタリ合っているからだと思う。ARATAは、声質なのか喋り方なのかは分からないが、声が伊勢谷友介に似ている気がする(『真夜中の弥次さん喜多さん』で初めて彼を観た時はこんな風に思わなかったのに)。麻生久美子と宮崎あおいの姉妹役はよく似ている。 

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ