ここから本文です

青い車 (2004)

A BLUE AUTOMOBLE

監督
奥原浩志
  • みたいムービー 82
  • みたログ 545

2.65 / 評価:93件

人間って

  • mom***** さん
  • 2011年2月8日 14時27分
  • 閲覧数 810
  • 役立ち度 2
    • 総合評価
    • ★★★★★

「何を伝えたいのかわからない!」みたいなレビューが多かったのですが、僕の解釈では、「本当に言いたい事って言えないもんだよね」ってのがこの映画のテーマだと思います。
重い孤独を抱えている主人公の男は、首を吊った自分を親しい人間が嘲笑う夢を見る。しかし孤独を抱え込み、恋人には自分の事を何も伝えようとしない。

それを不安に感じている恋人は、男との間に深い溝を感じている。挙げ句の果てには妹から男と寝た事を告げられる。本当は泣きたいはずだし、もしかしたら妹が許せないかもしれない。しかし平静を装って妹と何気ない会話を続ける。そしてその翌日に事故で亡くなる。

その妹は、男と寝た事を姉に告げた事によって、自分の気持ちを姉に伝えられた訳ではない。あれは罪悪感に負け、口から出てしまったのだ。
姉の死後、妹は海で男に思いを伝える。姉に対しての罪悪感。胸が痛む、と。その妹を男は抱きしめる。そして自分の伝えたかった言葉をここで男はようやく伝える。これは男を深い闇から抜け出すきっかけになるかもしれない。

生きてると伝えたくても言えない事って沢山ありますよね。そういうものほど大事だったりするもんですね。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ