ここから本文です

ウィンブルドン (2004)

WIMBLEDON

監督
リチャード・ロンクレイン
  • みたいムービー 60
  • みたログ 802

3.45 / 評価:144件

キャスティングがとても良かった☆

  • sin***** さん
  • 2010年9月9日 18時17分
  • 閲覧数 218
  • 役立ち度 2
    • 総合評価
    • ★★★★★

 アメフトやバスケットボールを題材にしたスポーツものは結構あるけれどテニスを題材にした映画を見たのはこれが初めてでした。
 
 試合中のボールの動きはコンピュータを使って書き込んでいるみたいですが、とてもリアルで、主演のポール・ベタニーが本当のテニスプレイヤーに見えました。また映像だけではなく試合中の心の動きも細かく描かれていて、そこがリアルさを生んでいたのかなぁと思います。 

 舞台もテニスの聖地と言われるウィンブルドンのセンターコートを貸しきったり、テニス好きな人にはところどころににくい演出があって思わずニヤリ。

 引退前のベテランプレイヤーが主役というところがまたよかったです。

 ストーリーとしてはよくある感じなのですが、キャスティングがとてもよく、出演者全員が役柄にはまっていたのではと思います。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 楽しい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ