ここから本文です

ウィンブルドン (2004)

WIMBLEDON

監督
リチャード・ロンクレイン
  • みたいムービー 60
  • みたログ 809

3.45 / 評価:147件

正統派。ベタなスポ根恋愛モノに感動!

  • CONRAD さん
  • 2011年12月13日 18時57分
  • 閲覧数 442
  • 役立ち度 7
    • 総合評価
    • ★★★★★

ぶっさいくな顔立ちなのに(ファンの方…大変失礼っ!)魅力たっぷりなキルステン・ダンストが、この映画「ウィンブルドン」(2004)だけはめちゃめちゃカワイ~く撮られている。
キルステン・ダンストと言えば「スパイダーマン」シリーズなのだが、あの映画のメリー・ジェーンよりも100倍くらい魅力あるから、ビックリするから!!

たぶんかなりテニスの練習をしたんだろうなあ~…
(ふたりともテニス未経験者だったという)
努力の成果は残念ながらあまり見えず。
最初にキルステン・ダンストのサーブ場面があるんだけど、動作もなんかぎこちないし、筋肉の付き方とか姿恰好にも違和感が残る。
どんなに似せてもプロと素人では決定的に違うんだよな。
映り姿が。

けど、そんなことも中盤に入ると全く気にならず、大舞台を前にしてセックスに夢中になるキルステン・ダンストが可愛くってたまらない。
あ、いやいや、セックスに夢中になり、夜這までするのは、ポール・ベタニーの方か。

あり得るはずのない、現実感乏しいサクセス・ストーリーなんだけど、見方を変えると下世話になりそうな物語なんだけど、軽ぅ~く綺麗にまとめていて。
こんな映画も嫌いぢゃないんだよね。
伝統あるウィンブルドンの舞台を馬鹿にしている訳じゃなくって、テニスという題材からいろんな映画が作られるってのは、とてもいいことだと僕は思うんだねぇ。


THE CINEMA

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 楽しい
  • ゴージャス
  • ロマンチック
  • かわいい
  • かっこいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ