ここから本文です

ウィンブルドン (2004)

WIMBLEDON

監督
リチャード・ロンクレイン
  • みたいムービー 61
  • みたログ 804

3.45 / 評価:146件

テニスは添え物

  • オーウェン さん
  • 2012年6月10日 20時34分
  • 閲覧数 533
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

今年もウィンブルドンの季節が来るということで、敢えての映画を鑑賞。
まあ本格的なテニスのプレーなど役者が演じるので見れないことは分かり切っているが、それにしても下手くそなラケット捌きだ。

特にキルスティン・ダンスとのそれなど、普通の経験者から言わせても技術など無いに等しい。
少しは身に着けてこいよと思うのだが、この映画はあくまでも軽いラブコメ。
テニスもウィンブルドンもきっかけにしかならないことがよく分かる。

ポール・ベタニーは幾分身体を作って来たのは分かるし、ラリーもそれなりにこなしている。
見た後何も残らないが、暇つぶしにはなるんじゃないかという程度なので、その辺を踏まえてどうぞ。

ちなみにウィンブルドンはイギリス人が優勝しないジンクスがあるが、この映画はそのことを知っていてのラストに繋げている。
でも現実は有力選手もいないし、しばらくは破られそうにないな。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ