レビュー一覧に戻る
理由
2004年12月18日公開

理由

1602004年12月18日公開

ととおさま

1.0

選ぼう。

物語の世界観とちゃんとマッチする画が撮れる監督を選ぼう。 原作は読んでおり、何も知らずに映画を見始めたが、大林宣彦監督作品とデカデカと出てきた瞬間に「ヤバいな」とおもった。 opの音楽、使われる文字のフォント、江戸の歴史から荒川区の成立に至るまでの説明、全てが原作にそぐわない。徹頭徹尾謎と緊張感と得体のしれない恐怖感に包まれた原作とはぜんっぜん違う。役者に変な色のライトあてる演出とか、ホントにいらない。 独特のカラーや思想のある監督はオリジナル脚本で映画撮ったらいいじゃない。あの小説がどう映像化されるか楽しみだったのに、本当に残念。

閲覧数2,423