レビュー一覧に戻る
コーラス
2005年4月9日公開

コーラス

LES CHORISTES/CHORISTS

972005年4月9日公開

yti********

5.0

ネタバレ鳥肌もの

親子で映画好きの私。 父がDVDを何枚か持って、勧めてきた中に本作がありました。 仕事で疲れていたのでこんな眠そうなもの観たら寝てしまうと思いつつも鑑賞しました。(なにせ、コーラスというタイトルだったので…) しかし、眠気が吹き飛ぶ程の歌声に魅了されました。 モランジュを演じた俳優さんはプロの合唱団に所属しているだけあり、その歌声は鳥肌ものでした。 また、ストーリーも素晴らしいです。 序盤の暗く、冷たい学校の雰囲気がマチューの赴任から徐々に明るく、温かい学校に変わっていくというのが凄く自然に伝わってきます。 マチューの子ども達の悪さを鼻から突っぱねず、受け入れつつも、正すという理想の人間像、それと対をなす、私利私欲の為に動く校長。 最初は校長に対する恐怖で言いなりだった周囲の人々もマチューの味方になっていくという展開はとても清々しいものでした。 こういった映画によくある、音楽で凄い偉業を成し遂げたとか、コンクールで優勝したとかはありませんが、不思議とサクセスストーリーを見終わったような気持ちになります。 ペピノがなぜマチューの日誌を持っていたのかが最後に繋がり、冒頭のペピノとモランジュの再会シーンをもう一度見直したくなりました。

閲覧数1,832