レビュー一覧に戻る
コーラス
2005年4月9日公開

コーラス

LES CHORISTES/CHORISTS

972005年4月9日公開

oir********

2.0

実話物ではない浅く薄い虚構性が気になる

訳あり不良児童たちが新任の音楽教師のもと合唱を通してやり甲斐を見出し、徐々に更生していくというフランス版音楽スポ根。 いかにもフランス的軽妙なユーモアに彩られていたとは感じたが、どうにも薄く型どおり的なフィクション臭が見て取れ今一つ映画の中に引き込まれるまではいかない。 パッケージに「ニューシネマパラダイスのジャック・ペランが出演と制作を務めた」とあったせいか、確かにニューシネマと似たようなちょっとあざとさが鼻につく画作りと演出とも感じた。 しかし、最初は下手な歌が美しい合唱へと変わりゆく過程は本作品の一つのだいご味であり、完成した合唱の響きはやはり琴線を掻き立てられたと認めざるを得ない。 日本的ウェットな音楽スポ根とは違う、酷く唐突であっさりした終わり方には少し拍子抜けしたが、そこはフランス流ということだろう。 正直物足りなさは否めないが、映像特典の5本立てメイキングが結構時間的に長かったので帳尻合わせに少しだけなったかな。 2.4の二つ星

閲覧数289