2004年12月11日公開

ヴィタール

VITAL

862004年12月11日公開
ヴィタール
3.0

/ 71

14%
20%
31%
25%
10%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

交通事故ですべての記憶を失った医学生の博史(浅野忠信)。やがて解剖実習が始まり、解剖に熱中していくうちに、現実とは異なる記憶を超えた光景が目の前に広がっていく。実習の進行と共に記憶が回復し始めた博史は、自分が解剖している遺体の身元を知り……。

シネマトゥデイ(外部リンク)

本編配信

スマートフォンご利用の方はアプリから視聴できます。

予告編・動画

作品レビュー(24件)

切ない20.3%不気味13.6%悲しい11.9%不思議11.9%ファンタジー8.5%

  • JLo

    2.0

    台詞が聞こえない。

    内容は割と面白そうな感じがしたが、ボソボソしゃべる部分が多く台詞が聞こえないところが多すぎた。 惜しい。 とにかくこの監督の作品は食事中に観られないものばかり(笑) しかし浅野忠信はこういう役がハマるなあ。

  • fg9********

    3.0

    長髪も作品的には鬱陶しい

     …あらすじは、解説のとおり。  柄本奈美という女優の美しさだけが印象に残る作品だった。  内容的には、言わんとすることは解るのだが、ちょっと凝り過ぎの感じ。  医学生である浅野忠信の長髪も作品的には鬱陶しかった。

  • ass********

    5.0

    不思議なダブルヒロイン

    両方とも「居るだけ」のヒロイン2人。 グロや奇妙が多い塚本監督らしくない美しい映像もあるのが不思議。 良い映画と思ったけど、自信もって人に勧められない困った映画。

  • ngs********

    5.0

    なぜか…

    グロいのが苦手な方はおすすめしない。 鬼才・塚本晋也監督の作品。非常に良かった。 美しくトラウマ的な映像の連続で、けっこう不快になる。 それなのに、最後のシーンには温かい気持ちだけが残る不思議。 好き嫌いは分かれる映画ではあると思うけど、鑑賞し終わったあと確実に余韻には浸れる。なぜか、何かがココロに残る映画だと思う。

  • ykt********

    2.0

    ヒロインの演技が最悪

    浅野忠信、Coccoが好きで、今更ながらレンタルしました。 コンセプトや世界観は良かったのですが、柄本KIKI両氏の棒読みワンパターン演技(と呼べるものなのか)は見ていて恥ずかしくなるほど。 ただただキャストが残念な印象しか残らず。 勿体無い作品でした。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
ヴィタール

原題
VITAL

上映時間

製作国
日本

製作年度

公開日