レビュー一覧に戻る
美しい夜、残酷な朝
2005年5月14日公開

美しい夜、残酷な朝

THREE... EXTREMES

1242005年5月14日公開

rat********

4.0

アジア三大監督による「世にも奇妙な物語」

レンタル店の韓国映画コーナーにあった一本です。タイトルの残酷って言葉に惹かれて、バッケージを見たら・・・ あれ、ハセキョーって韓国映画出てたんだ。って感じでレンタルしました。オムニバスだって知ったのは後の話です。 さて、まずは、復讐三部作で有名なパク・チャヌク監督の「cut」。自分的にはこれが一番ですね。パク監督の作品はまさにツボを捉えていて、今までの作品も皆好きです。 この作品もグロさ満載の中にユーモアが散りばめられていてホンッと楽しませてもらいました。 イ・ビョンホンも良かったです。 ところが・・・尻すぼみって感じかな。 後の二作は・・・ その作品のほとんどが大好きな三池監督の「box」。 ハセキョーさんが出ている作品で、彼女の美しさを堪能するには良いと思うんだけど・・・それだけかな。 まぁ、好みの問題ではあるんだけど、時々、三池監督の作品にはついていけないときがある。まさにこの作品がその一本です。 おどろおどろしい雰囲気で、恐怖心をあおる作品では有るんだけど、自分的には楽しめなかった残念な一本でした。 三本目は「dumplings」餃子でした。 人肉を食べさせる話ですが、イマイチ入り込めませんでした。 エロいシーンもあってそれなりに見応えはあるかとは思うのですが・・・二作目でドップリ落ち込んだ気分を持ち上げるとこまでにも至らない感じでした。これまた残念な一本でした。 トータル的には良くできた作品だとは思います。ただ、自分には合わなかった。オムニバスってこういうことがありますよね。一本が良くても、他の作品で満足できない。

閲覧数212