ここから本文です

阿修羅城の瞳 (2005)

監督
滝田洋二郎
  • みたいムービー 47
  • みたログ 578

2.70 / 評価:165件

前半部分が面白い

  • オーウェン さん
  • 2013年10月16日 18時21分
  • 閲覧数 2543
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

舞台から飛び出したといえば聞こえはいいが、映画との違いが明確に出てしまったのも事実。

殺陣や映画の中で見せる舞台。非常に時代劇らしく素晴らしいのだが、阿修羅との関連性で見せる部分はほとんどファンタジーの域。

前半の粋な会話。市川染五郎と宮沢りえの色気を感じさせるやり取りなんかは非常に好きなんですが、後半あの人が阿修羅とはほとんど漫画。
しかも顔だけってのが何ともね。

CGや音楽など新しい試みは成功していると思います。こういう異色の時代劇には回りも違う事で対応すればという考え。見事です。

難点は殺陣が少ないのと、悲壮感がないとこ。つばきの苦悩が感じられないのは物足りない。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ