2005年1月22日公開

フリック

1542005年1月22日公開
フリック
3.6

/ 14

21%
50%
7%
14%
7%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

最愛の妻を殺害された刑事・村田(香川照之)は、酒におぼれ、自暴自棄となったいた。そんな心の傷も癒えない村田の新たな任務は、殺された若い女性の身元確認のために脚の不自由な兄を東京に連れてくることだった。さっそく同僚の滑川(田辺誠一)とともに兄が住む苫小牧へ飛ぶが……。

シネマトゥデイ(外部リンク)

作品レビュー(6件)

切ない18.2%悲しい9.1%かっこいい9.1%セクシー9.1%不気味9.1%

  • おすむすだん

    4.0

    U-NEXTで、なんとなく見始めて

    雰囲気ある長回し。夢の世界、悪夢かな?高田渡なんかが出てきたりして。登場人物少なくて、殺風景で。役者が雰囲気あって、謎めいていて、説明はなく状況が次第にわかってきて、一気に観た。面白かった。

  • abe********

    4.0

    どうしてDVDが二枚なのか?

    不思議でした。 小林監督らしい演出ですよね。同じ場面を何回も使うとこるなど。順序は逆ですが苫小牧なんかも小林監督らしいです。 なんか普通の監督だったら予測がつくような展開だとしても、小林監督だったら何か違うんじゃないかとドキドキしてしまうのが不思議です(結局はあんまり大した展開じゃなくてもです)。 よく考えたらご夫婦が出てるんですよね!

  • kap********

    2.0

    眠い、、、時間長すぎませんか?

    アル中のうつ病刑事の倒錯した世界。理解しろとゆうほうが無理です。 入院したほうが早い。 映像的には同じアングルのイメージが何度も回されます。全体的に白ぽいイメージで、 あ、白っぽいと言えば、色の使い方はよかったです。 ただ、70分ぐらいで出来る内容、、

  • kim********

    5.0

    小林政広作品初体験

    やられました。 独特のアングルとか、繰り返しの描写とか、狂気に満ちた迷宮に迷い込んだ世界観とか、香川の演技とか、俳優達の個性が活かされたキャスティングとか…エンディングの音楽が小林監督ならではとか。 はまりそう。

  • aki********

    4.0

    デヴィッド・リンチ風

    この遠まわしなショットを多用するやり方、どうなんでしょうか。 舞台劇を観ているみたい。セリフまわしのヘタな人は目立つ。 成功しているかはともかく、撮影技法に凝っている。 失礼ながら苫小牧の平成の世と思えないロケーションはなかなか味があっていいです。 話が進むにつれ訳が分からなくなっていく。 その混沌としたあいまいな展開も込みで楽しむべき作品なんでしょう。 香川照之は勿論、大塚寧々もこの作品に溶け込んでいて好演。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
フリック

上映時間

製作国
日本

製作年度

公開日