ここから本文です
【お知らせ】映画館の上映スケジュールについて、新型コロナウィルス感染症(COVID-19)の影響により、実際の上映時間と異なる可能性があります。ご不明な場合は、各劇場にお問い合わせくださいませ。

MAKOTO (2005)

監督
君塚良一
  • みたいムービー 8
  • みたログ 153

2.80 / 評価:41件

希少価値の高い映画

  • sdi***** さん
  • 2010年3月15日 4時40分
  • 閲覧数 597
  • 役立ち度 2
    • 総合評価
    • ★★★★★

現代映画において、リアルに主人公を描いた映画は、珍しい。アメリカ映画、フランス映画とイギリス映画は映画先進国であるので、この映画と同じタイプは多数存在するが、日本映画においてこのような作品は珍しい。

日本映画では、暗いや死ぬなどのマイナスを、エンディングで明るくさせて終わらせるのが決まりだが、この映画では、モヤモヤした暗い絶望を、最後まで見せつける。
それは、通常映画のセオリーと逆のことをしただけと思われがちであるが、そう考えるのは、あまりに安易すぎる。

ぜひ、皆さんには
この映画を、ご覧になって
その意味を確かめてもらいたい。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ