ここから本文です

ダブリン上等! (2003)

INTERMISSION

監督
ジョン・クローリー
  • みたいムービー 68
  • みたログ 244

3.84 / 評価:51件

邦題下等 作品上等

☆256「ダブリン上等」(原題:interMission))2003年 アイルランド
製作:COMPANY OF WOLVES

原題は<休憩時間>として古い作品では出てくるが
この作品は物語上の意味で休憩

:オープニング 
2:ジョンのクソッたれた毎日 
3:支店長サムの浮気
4:バス運転手ミックの悲劇 
5:一匹狼の刑事ジェリー 
6:オスカーは熟女に夢中
7:口ひげのサリー  
8:3人の覆面強盗  
9:ノーリーンの仕返し
10:チンピラレイフの勝負 
11:休憩は終わり  
12:エンディング 



<洋画バイオレンス>
本編 97  分/全編 102分 
特典映像/インタビュー /キャストスタッフ紹介
監督:ジョンクローリー
チンピラ レイフ役/コリンファレル
     デイドラ役/ケリーマクドナルド
   → 交際中?← ジョン役/キリアン・マーフィ
     サリー役/シャーリーヘンダーソン
     オスカー役/デヴィッド・ウィルモット
 刑事ジェリー役/コルム・ミーニイ

殆どの人が勘違いしている「コリンファレル」が主役なのに
出番が少ないとか、重要な役割ではないとか・・・・・
この作品の主役は「車やバスに石を投げて事故を発生させたり、
TVの収録中に卵を投げた赤いジャケットを着た“クソがき”」

オープニングは店内でレジの若い女性を口説いているような男
しかし実は単なる強盗で一転して女性を殴る、
出て行こうとしたときに警官が店に現れ慌てて逃げる
(この騒ぎを見ていてソフトクリームを舐めてる少女はジム・ジェリダン
監督の2004年作品“イン・アメリカ”で監督に絶賛された子
<エマ・ボルジャー>)、ここから騒ぎが始る、
多くの登場人物が関わる“群像劇”スタイルい、
スーパーをクビになった男(ジョン、オスカー)2人に、
ジョンの彼女(デイドラ)、その彼女が男と別れたので不倫男と交際を始める
(それがまた問題の始まり)、彼女の妹(サリー)と母親、
パブの客で仲が良いバスの運転手(ミック)、そしてコリンファレルを
執拗に追いかける刑事ジェリー(麻薬の売人を逮捕したのは良いが車を盗まれ
、CDとステレオを除き車が放火されるのには笑った)
様々な人間が関わり結末は・・・・これも一種のトリックで観客を“騙す”、
最後の最後のシーンでもやはり“クソがき”の“活躍”が出てくる。
そしてエンドクレジットでは・・浮気された妻が戻って来た夫に
“仕返し”をするがその内容も笑える。


アクションコメディとも思える分野、だから
多少辻褄が合わなくても許せる。
これが邦画のようにシリアスな内容なのに
現実には有り得ない事が多数含まれると言う
荒唐無稽作品が絶賛されるのには理解ができない。




キリアン・マーフィが出演していたのか・・・・
古い作品で見たのも数年前だ

~~~~~~

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 笑える
  • 楽しい
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ