2005年9月10日公開

チャーリーとチョコレート工場

CHARLIE AND THE CHOCOLATE FACTORY

1152005年9月10日公開
チャーリーとチョコレート工場
3.6

/ 3,569

23%
31%
31%
10%
5%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

家が傾くほど貧しい家に、チャーリー・バケット少年(フレディ・ハイモア)は失業中の父(ノア・テイラー)と母(ヘレナ・ボナム=カーター)、そして寝たきりの老人4人の7人で暮らしていた。そのチャーリー少年の家の近くには世界で一番大きなチョコレート工場があった。

シネマトゥデイ(外部リンク)

本編配信

スマートフォンご利用の方はアプリから視聴できます。

作品レビュー(1,007件)

ファンタジー18.6%楽しい16.2%笑える14.0%不思議12.5%コミカル12.0%

  • shirokuma

    3.0

    ネタバレ好き嫌いが分かれる個性的な作品

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • ゆゆ

    4.0

    ウィリーウォッカがかっこいい

    ジョニーデップの顔に、あのキャラと髪型と服装が似合いすぎてかっこ良すぎる 西洋の昔風な街並みや、おとぎ話のBGMっぽい曲が好きなので、世界観はすごく好きな作品 子役がみんな美形すぎて可愛すぎる ストーリー自体はすごく面白いわけではなかったけど、不思議な世界を体験するわくわく感は感じられた とにかく、ウィリーウォッカがかっこ良すぎる

  • たー

    3.0

    まぁまぁ

    設定がすごく好きだし、ティム・バートンもジョニー・デップも好きなんだけど。 いつもまぁこんなもんかな感想で終わる。 なんだろな 何回か見直してもイマイチ面白くないんだよね。きっと今回は面白い!と思うけど後半が特に尻すぼみ? ちょっと残念な映画。 映像は面白いし、ワクワク感はあるけどね。

  • rat********

    4.0

    摩訶不思議!チョコレート工場ファンタジー

    それにしても、ジョニー・デップはホンッとスゴい! こういうキャラの強い役をやらせたらピカイチだと思うんだけど、どの役にもはまっていて、その作品ごとに演じ分けている。 普通、一本のヒットが出ると、そのイメージが強くなって、何をやってもその人に見えちゃったりするんだけど、彼にはそれがない。ウォンカであり、ジャック・スパロウであり、シザーハンズでもある。いやー、ホンッと驚きです。 この作品も、最初に見たときには違和感しかなかったんだけど、何度かテレビで見ているうちに好きな作品になりました。 モノを作り出す工場、本当は無機質な機械が一定の動きをしているだけなんだけど、それを夢の世界に変えてしまった。 やってることや言ってることは、子供たりに対してもひどいことなんだけど、ユーモアに変えてしまってるのも、この作品のスゴいところだと思う。 ジョニー・デップの奇抜なキャラも印象深いですが、工場の小人たち、そしてリス、これらも見事にはまってます。 ただ単に面白いだけでなく、家族のありがたみを説いている。まさにファミリームービーの王道って感じの一本です。

  • 1048

    3.0

    地上波にて鑑賞

    こういった系の作品は基本嫌いなんだが 本作は楽しめた。 たまにはこんな作風もいいなと思った。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
チャーリーとチョコレート工場

原題
CHARLIE AND THE CHOCOLATE FACTORY

上映時間

製作国
アメリカ/イギリス

製作年度

公開日