ここから本文です

ミート・ザ・ペアレンツ2 (2004)

MEET THE FOCKERS

監督
ジェイ・ローチ
  • みたいムービー 76
  • みたログ 1,247

3.57 / 評価:241件

暗示にかかりすぎる主人公、でも善良

  • airubiru さん
  • 2007年8月16日 11時46分
  • 閲覧数 141
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

1よりは楽しめた。ベン・スティラー演じる主人公の両親が、出てきて息子を100%支援してくれるから、1で感じた孤立無援感がない。性に開放的過ぎて、デニーロ家(役名を忘れた)を圧倒し続ける、この両親に乾杯。でも、お嫁さんにも優しいし、いいご両親だと思う。
完全武装?のキャンピングカーが登場し、またデニーロはベンを追い詰めるが、自白剤まで飛び出すのはやりすぎ。1で反省したんじゃなかったの??困った舅だ。
ベンは暗示にかかって、自分に隠し子がいると思い込み、婚約パーティーで発表してしまうが、それを聞いた彼女がその隠し子のことも受け入れてくれようとするシーンには感動した。なかなか言える事じゃないぞ。
結局それはデニーロの早とちりで、今回はデニーロが自白剤の使用などで、責められる立場になり、ちょっとだけ溜飲が下がった。
ベンの母親の性のアドバイスも素直に聞く物分りのいい人になってくれたし、ベンも最後は隠しカメラに見られていると知っていて、言いたいことを言えるくらいに成長したから、本当にハッピーエンドだと思った。
1より断然2の方が好きだ。よかった。よかった。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 笑える
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ