12人のパパ

CHEAPER BY THE DOZEN

99
12人のパパ
3.5

/ 58

19%
31%
34%
12%
3%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

解説:allcinema(外部リンク)

本編配信

スマートフォンご利用の方はアプリから視聴できます。

作品レビュー(21件)

笑える20.0%コミカル20.0%楽しい20.0%かわいい11.4%パニック10.0%

  • bat********

    4.0

    ネタバレ観終わった後のほっこり感が気持ち良い映画

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • 一人旅

    3.0

    12人って多すぎるよ~

    ショーン・レヴィ監督作。 12人の子供がいる大家族が巻き起こす騒動を描いたコメディ。 1950年に製作された『一ダースなら安くなる』のリメイク作品で、主演はコメディ俳優のスティーヴ・マーティン。日本での劇場公開は実現しませんでしたが、北米でのヒットを受けて続編まで製作されています。 12人の子供を抱える大家族が、フットボールチームのヘッドコーチに就任した父親の都合で慣れ親しんだ町から引っ越すことに。新天地での新しい生活が始まった矢先、小説家の母親がニューヨークに出張に行くことになってしまい、留守番を任された父親は自由奔放な子供たちをまとめ上げるべく奮闘する…というファミリー・コメディの佳作で、やんちゃ盛り・思春期・反抗期・引っ込み思案…とそれぞれに個性を爆発させた子供たちが繰り広げる騒動の数々と、それに四苦八苦しながら孤軍奮闘する父親の姿が面白可笑しく活写されています。 まあ、お話のテーマはこの手の映画に良くある「仕事と家庭、どちらを取るか」。父親はコーチの仕事を優先するあまり子供たちをないがしろにしてしまいます。引っ越す前は団結していた家族も、父親の自分本位な振る舞いが災いして少しずつ精神的に散逸していくんですね。でも、父親は失いかけることで初めて家族の大切さに気づいていきます。自分の夢=仕事と、愛する家族。どちらを取るかなんて、現実では違うこともあるかもしれませんが、少なくとも映画における答えは始めから一つですよね。でも、その判り切った答えを躊躇なく提示した明快な着地は、アメリカ産コメディの褒めるべき所でもあるんです。大家族のドタバタ騒動をオーバーコミカルに描きながら、かけがえのない大切な家族の愛情を再確認するハートフルな結末はやっぱり心地いいんですよね~。 でも、12人兄弟なんて絶対嫌だぞ!(向かいに住む三人家族が嫌味な感じで描かれてるのが、一人っ子の身としてはちょっと気になるなあ~)

  • y19********

    2.0

    ネタバレ身勝手な子供にイライラ

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • afe********

    3.0

    ビーンズ

    コメディ監督のショーン・レヴィが描くハチャメチャファミリー・ムービー。主演は本作の後何度か共演するスティーブ・マーティン。個人的にクルーゾー警部役が印象的な彼だが、本作の、「ホームアローン」の男の子並みの頭脳を持ったキッズたちと丁丁発止できるのはクルーゾー警部しかいなそう。総勢12人のキッズを持つ大家族のけた外れな家庭と仕事の両立問題が、建設現場のような騒々しさにのなかに出現し、順調に進んでいた工事が一時中断するもまた再開するまでの様子を描いたちょっとハートフルなコメディ映画に仕上がっていた。 スクラングルエッグへのカエル高飛び込み事件から始まる大家族の物語は、常に事件の連続で休む暇がない。「こんな子供がいるか」と思ってしまうほど個性的なキッズたちだが、スティーブ・マーティンが親なら仕方ないかと納得できなくもない(リンゴ・スマッシュがその原因)。“カエルの子はカエル”っていうし。とにかく子供の声が絶えない一家は、電話中の父親もお構いなしに次から次へと邪魔をし、しまいにはドアにオノが突き刺さる始末(ちょっとやり過ぎ感があった)。 細かいことは抜きにして大爆笑できる作品だった。

  • rrr********

    4.0

    父子家庭じゃないんかい

    簡単に思いつくアイディアほど映画化されてるケースが少なく内容もそれなりです。 しかしタイトルからして父子家庭だと思っていたら違うんですね。ゲームボーイで目くじらは立てないがあまりいい印象は持てない。 短い内容でしたが事件が起こって一通りの展開を詰め込めているのはすごい。ご近所さんは大して意味がないのでいらなかったが。 アシュトン・カッチャーがえらい台詞を言わされていますが売れる前はこんな扱いでしょうか。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
12人のパパ

原題
CHEAPER BY THE DOZEN

上映時間

製作国
アメリカ

製作年度

公開日
-