2005年2月11日公開

シベリア超特急5

952005年2月11日公開
シベリア超特急5
2.4

/ 7

14%
0%
29%
29%
29%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

1941年第二次大戦前夜。ヒットラー、ムッソリーニ、スターリンとの会合を終えた山下奉文陸軍大将(水野晴郎)らはモスクワ駅からシベリア超特急に乗り込むが、この特急には義経の秘宝のありかを描いた古地図を狙う男女が乗り合わせていた。

シネマトゥデイ(外部リンク)

作品レビュー(4件)

かっこいい20.0%かわいい20.0%ゴージャス20.0%笑える20.0%楽しい20.0%

  • kin********

    1.0

    松嶋屋の真髄を堪能してください

    歌舞伎の舞台よりもはるかに出番の多い片岡進之介を鑑賞できる逸品です。あと知ってる人ならパパの登場で吹くこと間違いなし。ほぼ出落ち。 愛之助? ああ、もっと他にマシな作品あるだろ? あ、そうそう、RIP松助・・・

  • dck********

    1.0

    やっぱり、駄作だなー。

    私も見ました。駄作ですよね。とにかくストーリにメリハリが無いのが致命的です。水野さんぐらいの映画知識の持ち主なら何か参考にすべき作品があったと思うのですが。

  • suz********

    3.0

    あはは、レビュー少な!

    この作品、一晩だけの当別上映で地元の映画館へやってきました。しかも、監督の水野さんの舞台挨拶付き!? 当初、上映終了後に物品販売とサイン会を予定していたのですが、上映前になぜか物品販売がスタート! 私はグッズを買って、サインをもらい、一緒に写真まで撮ってもらいました。 物品販売も終わり、いよいよ、上映!映画のはじめの15ぐらいを水野さんとみんなで鑑賞。(笑える) 映画終了後は、水野さん、疲れてしまったみたいで、映画終了後のサイン会は中止に。。。 ホント貴重な体験をしました。今となってはいい思い出です。 水野さんありがとう!「いやぁ、映画って本当にいいもんですね〜」

  • aok********

    5.0

    タイトル通り「超」の付く駄作ですが。

    このコーナーの記念すべき100本目に 何を書こうか迷った挙句この作品を選びました。 どなたのレビューも出てないところを見ると やはり、コアな作品になるんでしょうか? 当たり前ですよね・・・本当にくだらない作品ですから。 オッサンはこの作品を 「シベ超オールナイト」というシベリア超特急シリーズを オールナイトで4本見るという かなり危険で無謀な企画に参加し鑑賞しました。 当日は水野監督とプロデューサー兼出演のボンさんと共に 恐ろしいほどの睡魔と闘いながら夜明けまで頑張りました。 この時DVDの特典のようにスクリーンを見ながら 真後ろの席でボンさんが生で解説してくれると云う 素晴らしい経験をさせていただきました。 この思い出は、生涯忘れることは無いと思います。 それを踏まえた上でも、この作品は名作にはならないのです。 でも、一歩下がって冷静に考えた場合、とんでもない事に気が付くのです こんな作品が映画として劇場で公開されたのです。 これは奇跡です。 映画にかける愛情と情熱だけで作品を生み出してしまう この行為に星5つの価値があるとオッサンは思います。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


西田和昭佐伯大尉/淀山長秋
片岡愛之助裕木小次郎
片岡進之介多賀新太郎
西條三恵佐伯佳子
中野良子沢田光子
岡田眞澄ピエトロ吉田
ガッツ石松唐木鉄造
佐藤允吉倉武蔵
淡島千景ドクトル
片岡未来大森和子
大槻ケンヂ芥川龍太郎
山口浩司三島雪夫
水野晴郎山下奉文陸軍大将

基本情報


タイトル
シベリア超特急5

上映時間

製作国
日本

製作年度

公開日