ここから本文です

自由戀愛 (2004)

監督
原田眞人
  • みたいムービー 29
  • みたログ 85

3.45 / 評価:29件

豊川悦司の立ち振る舞い

  • blueeye_section さん
  • 2008年9月17日 11時47分
  • 閲覧数 916
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

大正時代に女性の生き方を模索した2つの半生の話。映像が奇麗だと思ったのはセットの出来の良さからか。
今とは男性・女性共に社会の中での存在の仕方が全く違うが、これはほんの100年前のこと。昭和の終わりにはこの映画に出てくる職業婦人が当たり前となって、女性も大学進学→OLへと進むのが当たり前になりました。男は給料が銀行振り込みになった時点でほぼ権威を失い尻に惹かれている人が多くなっているような・・・。時代は・・振り返ってみるとくるくると変わっていくことを、映画を見ながら頭の片隅でほんの一瞬雑念が浮かびました。


長谷川京子は独特の声の感じから、合う役と合わない役があるように思う。今回の明子役はあってましたね

やはり華やかさがあります。最近は少しメディアへの出番は少ないようですが、いい作品を楽しみにしてます


その夫役、豊川悦司は相変わらずのいい男振りで多言を必要としませんね。最近はオチャラケモードが目立ち

ますが、ピリッとしても大人の男のやさしさを含んだ立ち振る舞いは見ていて満足します。「僕は二人とも好

きなんだ・・一方がいなくなったら僕はきっと壊れてしまう・・・」この台詞は彼にしか言えないでしょう。


木村佳乃さん、この役はチャレンジでしたね。はじけた感じの役のときのほうが生き生きしていると思います

明るいお母さんの奮闘記みたいな話を見てみたいですね。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • ゴージャス
  • かっこいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ