レビュー一覧に戻る
そして、ひと粒のひかり
2005年10月15日公開

そして、ひと粒のひかり

MARIA FULL OF GRACE

1012005年10月15日公開

柚子

4.0

麻薬国家、コロンビア

麻薬で成り立っていると言っても、過言ではなさそうなコロンビア… 真っ当な仕事は少なく、当然、薄給 17才のマリアに、家族、全負担がのしかかる おまけに、妊娠中… 手っ取り早く大金を稼ぐには、麻薬の運び屋しか道がない 元締めも、その手下も悪いことをしているという認識はないようだ゛ 麻痺しているんだろうね… コロンビアの若い女性たちは、麻薬の袋を飲み込んで、アメリカへ入国する コロンビアから来た~と言うだけで、要注意人物扱いだが、その検閲は生ぬるく、簡単にアメリカへ入国できてしまう実状に驚いた 麻薬の袋が、胃で破れて、命を落とす人がいても、自業自得で、誰も気にしない 中途半端な正義感で、イラつかせる主人公マリアだけど、まだ17才 17才の少女が背負うには、重すぎる コロンビアで、子供を育てるのは厳しい… 貧しくても、アメリカならば、まだなんとかなるだろう 麻薬の入った「粒」と、赤ん坊を「ひと粒の光」と、掛け合わせる皮肉 心が、痛い

閲覧数605