ここから本文です

そして、ひと粒のひかり (2004)

MARIA FULL OF GRACE

監督
ジョシュア・マーストン
  • みたいムービー 100
  • みたログ 329

3.79 / 評価:73件

解説

2004年サンダンス国際映画祭で観客賞に輝いた問題作。主演は800人以上のオーディションで選ばれた新星、カタリーナ・サンディノ・モレノ。彼女は麻薬を飲み込んで密輸する運び屋を体当たりで演じ、映画初出演にして本作で2005年アカデミー賞主演女優賞にノミネートされる。元麻薬の運び屋へのリサーチをもとに書かれた脚本は、衝撃的でリアリティに満ちている。苦難を乗り越え成長するヒロインの姿が胸を打つ秀作。

シネマトゥデイ (外部リンク)

あらすじ

17歳のマリア(カタリーナ・サンディノ・モレノ)はバラ農園で働いて家計を支えていたが、仕事を辞めてしまう。そんな彼女にフランクリン(ジョン・アレックス・トロ)は麻薬の運び屋の話を持ちかける。

シネマトゥデイ (外部リンク)

本文はここま>
でです このページの先頭へ