2005年6月4日公開

エレクトラ

ELEKTRA

982005年6月4日公開
エレクトラ
2.5

/ 162

3%
11%
36%
35%
15%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

死に至るほどの傷を負いながらも、奇跡的に一命を取り留めたエレクトラ(ジェニファー・ガーナー)は、その後、世間とのあらゆる絆を断ち切って、暗殺者として生きていた。

シネマトゥデイ(外部リンク)

本編配信

スマートフォンご利用の方はアプリから視聴できます。

作品レビュー(52件)

かっこいい23.7%セクシー18.6%勇敢18.6%笑える7.2%ファンタジー5.2%

  • mid********

    1.0

    何のために殺し会うのか?

    アクションシヨーを見る程度の作品。闘いに燃えるような怒りも、意味も感じられない。家事でもしながら見ればよい (/--)/

  • hick

    2.0

    女優の努力が虚しくなる脚本・演出

    【ジェニファー・ガーナー】 公開当時ぶりの再鑑賞。始めに彼女を賞賛したい。前作「デアデビル」から努力が凄かった。武器であるサイの扱いはノースタント。本当に訓練の賜物。だからこそ、細切れのカットが多かったアクションシーンが残念だった。もっと彼女を活かして欲しかった。 【自分がハマれなかったキッカケ】 序盤でターゲットである親子の殺害をためらい、敵からかばう事で物語が発展していくのだが…。そもそも親子がなぜ狙われてるかも分からない状況での彼女の行動が腑に落ちなかった。娘が自分の姿に重なったとしても、疑いも無く守る姿はアサシンとして説得力が無いようにも思う。そこが序盤から見入る機会を失った要因だった。 【その他不満】 全てのキャラクターが薄い。特に最後まで少女の詳細も無く、「宝」という"記号"を乗せただけ。キスもなんだか安い。 目立ったアクションも少なく、かと言ってドラマ性に振り切っている訳でもない。 画面がめちゃくちゃ暗い。 敵はなぜ死ぬと煙になるのか。(これは自分が見落としたか?) クライマックスの戦いも「これで終わり!?」的な。 【演出】 日本的「美」を強調してるのか、静と動を意識した演出も確認できるが、効果的だったとは思えない。むしろ抑揚の足りなさを感じた。 あと、「過去にトラウマがある」以上の個性をエレクトラに乗せていない事も失敗の原因だと思う。というかそれがデカイ。 これ、逆に今だったらR指定にすればウケそうだなと思った。アサシンという特性と「日本×残忍さ」は海外でも好まれる傾向があるので。是非見てみたい。 【総括】 この時期は「キャットウーマン」など女性ヒーローに焦点が当たっていたが、ハル・ベリーも今回のジェニファー・ガーナーもハマっていただけに脚本と演出が残念過ぎた。本当にもったいない。彼女の努力もむなしく感じてしまう作品。

  • とし

    2.0

    赤い下着で戦う女

    2021年11月21日 映画 #エレクトラ (2005年)鑑賞 #デアデビル を見てないので、思い入れはありませんけど、影のあるヒロインの活躍を描きたかったんだろうけど中途半端 あれだけ力の差があって負けてたのに、最後に勝つって少し無理があった 続編はないぐらいだからヒットしなかったんだろうな

  • ang********

    2.0

    ネタバレ★1に近い★2

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • ken********

    1.0

    これは失敗作。

    あの「デアデビル」のスピンオフ作品。 「デアデビル」はベン・アフレック主演で あまり期待していない作品だったのだが以外に面白かったのが 印象に残っている。盲目のヒーローという設定が何気によかった。 そのラストに戦う敵がエレクトラ。 そして「デアデビル」内で彼女がトレーニングするシーンが ものすごくかっこよかった。 さらに、そのトレーニングシーンにバックサウンドとして かかっていたのがエヴァエッセンスの「Bring me to life」。 エレクトラと曲が見事にマッチしていたので すぐサントラを買いに行ったのが記憶にある。 そのエレクトラの話だが今回はダメダメだった。 これ、テレビドラマでいいだろう。 大画面で見るような作品ではない。 敵もフュージョンするような現実味のない設定なので これまた感情移入できず。 エレクトラの戦闘服もデアデビルのようなかっこよさもなく。 うーん。すべてがダサい。 ジェニファー・ガーナーもうまく使えてない感じがして。 非常に残念。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
エレクトラ

原題
ELEKTRA

上映時間

製作国
アメリカ

製作年度

公開日