ここから本文です

愛の神、エロス (2004)

EROS

監督
ウォン・カーウァイ
スティーヴン・ソダーバーグ
ミケランジェロ・アントニオーニ
  • みたいムービー 48
  • みたログ 221

3.61 / 評価:44件

アントニオー二遺作

  • gjt***** さん
  • 2010年6月6日 5時31分
  • 役立ち度 2
    • 総合評価
    • ★★★★★

かつてフェリーニやヴィスコンティらと世界三大巨頭と言われたアントニオー二。

これが遺作。

ベルイマンと数時間ズレで亡くなったのは映画の神様が目を反らした悲劇だったのか…。

カーウァイのは傑作。
素晴らしい。
ソダーバーグのは意味不明だが悪くない。
そしてアントニオーニのは映像は綺麗だがやはり衰え気味で映像に力がない気がした。

しかしカーウァイのだけでも必見なオムニバス映画!!

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ