ここから本文です

愛についてのキンゼイ・レポート (2004)

KINSEY

監督
ビル・コンドン
  • みたいムービー 74
  • みたログ 443

3.29 / 評価:62件

あけおめうさぎの納得ぴょん

  • ぬすいぬ さん
  • 2011年1月5日 19時15分
  • 閲覧数 517
  • 役立ち度 8
    • 総合評価
    • ★★★★★

キンゼイさんがいなければ今のアメリカはありえない。
めちゃくちゃ泣けました。

ローラリニーすごいね。

もっとハッピーでパワフルな映画かと思ってた。

不自由に抗うのが人だよね。

で、で、
一番すてきなのは、
愛についてほとんど語っていない点。

愛、は、
あまりに難しいし多様だし、
わからない。
それがセックスと結びついているのかどうかなんて、
わからない。
だけど信じたいよねぇ。
でも、なんでもいいんだけど、
世に何かを問う人が、
愛についてぺらり語るのは許されないよねぇ。
だから映画の中でキンゼイさんが「私は愛についてあまりに無知だ」
と言ったのがすごーく響いた。

よかった、よかった。

こういう人を、高級な美味しい人間っていうんだよなぁ。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ