ここから本文です

50回目のファースト・キス (2004)

50 FIRST DATES/FIFTY FIRST DATES

監督
ピーター・シーガル
  • みたいムービー 756
  • みたログ 4,856

4.16 / 評価:1852件

記憶をなくしてしまう自分に、伝えたいこと

  • 歓びの種 さん
  • 2007年3月19日 14時46分
  • 閲覧数 2644
  • 役立ち度 54
    • 総合評価
    • ★★★★★

記憶をなくしてしまう自分に、伝えたいこと。それは、ヘンリーと出会い、共に過ごした時間。毎日繰り返されるファースト・デートであったり、ファースト・キス。

毎日花をプレゼントしたり、歌を歌ったり、彼女が喜ぶことを一生懸命考えて、心をこめて実践してるヘンリーの一途で温かい愛情は、ルーシーの記憶の中に鮮明に埋め尽くしていく。

しかし“短期記憶喪失障害”を抱えるルーシーには、誰もがみな当然のように描いている、今日になれば昨日の続きを描き、そして明日もまた繰り返しながら一生かけて描いていく“自分の人生”を描くことは決してない。

ヘンリーとの出会い、ヘンリーのアプローチにより恋に落ち、ふたりで泣いたり笑ったりケンカをしてりして愛を育んだ日々は、明日になればすべて無かった事になってしまう。

“記憶の積み重ね”で成り立っている自分が、交通事故以来決して更新せれることはない。

そんな彼女を見守ったヘンリーの愛情と情熱や全ての人々が起こした“愛の奇跡”は切なくて、優しくて、涙なくしては見られなかった。

ヘンリーからの真っ直ぐな愛を受けて輝いていくルーシーの人生は、爽やかで前向きな気持ちにしてくれました。

優しい気持ちを忘れそうな人や、カップルにぜひ見て欲しい一本です。

最後に、記憶をなくしてしまう自分に、伝えたいことはなんですか?

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • 笑える
  • 楽しい
  • ロマンチック
  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ