ここから本文です

いぬのえいが (2004)

監督
犬童一心
黒田昌郎
祢津哲久
黒田秀樹
佐藤信介
永井聡
真田敦
  • みたいムービー 101
  • みたログ 1,006

3.54 / 評価:279件

涙腺崩壊

  • xwh******** さん
  • 2020年3月15日 16時58分
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

犬を飼ったことがある人にはわかる、犬の大切さ。それをオムニバス形式で絶妙な順番でみせてくれる。

1話目は、楽しくも軽くもあるのだが「これで全編行くのか。観るのはつらいな」と心配になったが、いい意味で裏切ってくれた。
柴犬ポチの話は、山田くんとポチのつながりがいい。突然の別れとなってしまった後、ポチのその後もかかれており、病院の前でずっと待ち続けるポチに涙がとまらず。とにかく愛くるしいポチ。

最後6話のマリモ。これは最初から涙がでる。赤ちゃんと思っていたのに、どんんどんたくましくなり、成長して、最後は美香ちゃんの年をこしていく。おばあちゃんになったマリモ。美香ちゃんからの視点とマリモからの視点でストーリーが構成されている。最後、美香ちゃんのまた犬を飼いたい、というところがすごく共感できる。
単なる犬が出ている映画ではなく、犬と人が一緒に人生を送っていくことの尊い時間。特別な時間を過ごしていることを実感する。観た後の読後感は大満足のため星5つにした。

ストーリーが犬だからこそ、こんなに感情移入してしまうのだと思った。
2020年3月、アマゾンプライムでみました。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • 勇敢
  • 切ない
  • かわいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ