ここから本文です

ディープ・クラッシュ (2002)

SUBMARINES

監督
デヴィッド・ダグラス
  • みたいムービー 0
  • みたログ 13

2.00 / 評価:3件

頑丈な潜水艦だなぁ^^;

  • jig***** さん
  • 2008年3月19日 22時50分
  • 閲覧数 500
  • 役立ち度 5
    • 総合評価
    • ★★★★★

潜水艦ものにハズレはないというのは
なにかで聞いたことはありましたが、
それはA級作品に限った場合なのかなと^^;
この作品では、謎の潜水艦・・というか奪われた潜水艦と
戦う主人公の乗る潜水艦なわけですが、
潜水艦同士の戦いってどうしても地味なわけですが
そこをどう盛り上げるかがキーなのかなと思ってます。
レッドオクトーバーは、艦長の優れた戦略と知恵で撃沈を
まぬがれたり巧妙な魚雷回避術などなど
緊迫感あふれる面白い作品だったのですが、
こちらの作品では、
どういうわけか人の犠牲ばかりが目に付きます。
小型艇みたいので敵潜水艦に突撃してみたり、
魚雷発射の為に発射菅の要因が命がけで魚雷発射してみたりと
人の死で涙を誘うのか?と。
まぁ、手法としてはアリですが
普通はそれぞれの人間性やらを丁寧に描いて
観客が感情移入したところで
みんなの為に死にます!的な描き方であれば感動でしょうが
感情移入する前に死んで行っちゃうので
あぁ、この人も・・で、誰だっけ?^^;
そんな流れになっちゃってるのが残念。
ついでに言うならば潜水艦がやけに頑丈!


前出のレッドオクトーバーでは魚雷1発で吹っ飛んでいたのに、
この作品では直撃なのにまだ動いてる!
昔より潜水艦は頑丈になったのか?w
なかなか沈まないのでそこも緊張感がダウンした要因かも。


あとは、敵役のおっさんが変人というのも気になる。
テロを起こすんだから変だということかも知れませんが、
テロ行為を自分のカメラに収めて喜んでいるってどーよ?
テロの首謀者っぽくない人物像という部分でも違和感を感じました。


出演者はちっとも知らないですが、
爆破やら潜水艦の映像やらはそれなりにお金がかかっていそうです。
たぶんこの作品のことは時間が経てば
自分の感想を読んでも思い出せないかも^^;

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ