ここから本文です

映画 ふたりはプリキュア マックスハート (2005)

監督
志水淳児
  • みたいムービー 3
  • みたログ 50

2.25 / 評価:21件

子供向けの作品としては上質。

ハートキャッチプリキュアをきっかけにプリキュアシリーズに興味を持ったのでこの作品を見てみましたが、中々良かったです。
迫力のある戦闘シーンも多くあって終始楽しめると思います。特に船の墓場での戦闘は地形的特徴を生かした見る人を楽しませる工夫がされていたように思います。
ハートキャッチプリキュアのOPでも迫力ある戦闘シーンがありましたが、それと似たようなものを感じましたね。
妖精を伴って魔法のようなもので変身しますが、意外とこの作品でも肉弾戦中心ですね。
最近の少女向けアニメも変わりつつあるようですね。
個性豊かで可愛らしい少女キャラがドラゴンボールさながらに戦うというのはなかなか斬新でいいと思いますね。

ダイヤモンド鉱石の豊富な希望の園や闇の魔女や魔女の乗る船なども良く描けていたように思います。
あと、この作品の特徴は序盤からボス的な存在である闇の魔女が現れることでしょうかね。ボスとの戦闘よりもボスのところに行きつくまでを重視することが多いアニメ映画では珍しい特徴だと思いますね。そのため、ボスの圧倒的な力・存在感などはよく伝わりました。
ただ、その反面少し世界観が狭くなったようにも思いますね。また、序盤からプリキュアが大苦戦してそのような流れが終盤まで続くので少し下の方が言っている通り心が少し寒くなるかもしれませんね…

あと、子供向けアニメのため少し突っ込みどころも多いですね。
スクエアさん、魔女が攻めてきたときなぎさがその場にいなかったことを責めていましたが事実上なぎさを現場から遠ざけたのはあんたでしょ(笑)と突っ込みたくなりました。
あと、闇の魔女詰めが甘すぎ(笑)
といった感じで。

まあいろいろ書きましたが、軽く楽しむにはとてもいい作品だと思いますよ。
プリキュアシリーズ初の映画作品であることを考えると十分良作ではないでしょうか。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 楽しい
  • かわいい
  • かっこいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ