2005年3月26日公開

恋は五・七・五!

1052005年3月26日公開
恋は五・七・五!
3.5

/ 80

15%
39%
30%
11%
5%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

統廃合を2年後に控えた松尾高校の校長(もたいまさこ)は、なんとか後世に松尾の名を残したいと思い、俳句甲子園への出場を宣言する。5人1組の出場メンバーに選ばれたのは、帰国子女の治子(関めぐみ)、チアリーダー部をクビになったマコ(小林きな子)、治子に恋する土山(細山田隆人)、野球部補欠選手・山岸(橋爪遼)、治子に憧れる1年生のPちゃん(蓮沼茜)だった。

シネマトゥデイ(外部リンク)

作品レビュー(45件)

楽しい25.0%かわいい19.2%コミカル16.7%笑える15.8%切ない5.8%

  • tak********

    4.0

    佳作

    最後のヒロインの句がのびやかですばらしい。

  • mor********

    1.0

    文化系の部活動を描く難しさ

    題材がスポーツならば、泥臭く熱いシーンを描いてスポ根チックに仕上げるのは簡単なんだろうけど、文科系の、特に俳句を題材に映画にするのは難しかったんだろうね。 コミカルな青春物ではあるが、色々と残念な感じが否めない作品。

  • ぼちぼち

    2.0

    主人公1人勝ち

    最近の少女漫画原作の軽い映画に比べたら見所はあったと思うし、アイドルを使ってないから、通りすがりの女子高生とかが現実的。 ただ、主人公だけがスタイルが良すぎて、その辺の男子より背が高い。 だからって超美少女なわけでもない。 俳句甲子園も取ってつけたようで、楽しんで詠んだら勝っちゃった、くらいの微妙さ。 ちはやぶる、くらいの真剣さが欲しかったかも。 悪くもないけど、なんだろう。

  • yxw********

    3.0

    これ、俳句のイメージ悪くなってない(笑)

    52/100点 俳句甲子園に出場するストーリーなのですが、この大会が非常に荒んでいる(笑)。 お互いの俳句の感想をいうのですが、基本相手の句をボロクソに批判。毎回素人集団の主人公達は半泣き。 またトップ高がライバルで出てくるのですが、全員眼鏡でオタク風、しかも揃いの「句」の文字の入ったTシャツ。言う事が全て嫌味。総括すると「俳句を知らない素人風情が入ってくんじゃねーよ」との事。 まぁ、結成したてで甲子園出場という事がよくわからないですが、私なら絶対こんな荒んだ世界に足を踏み入れない。おいおい、全く俳句のイメージアップになってないんだけど~。 でも映画そのものは多少ありきたりですが、キャラクターがわかりやすくて(漫画的ですが)最後まで飽きる事なく、面白く観れました。 あとエンディングは好きな感じです。

  • aoa********

    2.0

    今となっては監督が一番有名

    『かもめ食堂』の荻上直子監督作品。 高校生が俳句で対戦する「俳句甲子園」(←実際にあるらしい)を舞台にした、この時期に特に流行った青春系ムービー。 物語の進行としてはべッタベタな流れ。“起・承・転・結”のいたってシンプルなつくりで、とっつきやすい映画ではあると思います。ただ鑑賞後に何かが残るかといえば…う~ん。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


関めぐみ高山治子
小林きな子内山マコ
蓮沼茜田中弘美
橋爪遼山岸実
細山田隆人土山義仁
高岡早紀ヨーコ先生
柄本明爺ちゃん
杉本哲太高田マスオ

基本情報


タイトル
恋は五・七・五!

上映時間

製作国
日本

製作年度

公開日