レビュー一覧に戻る
星になった少年 Shining Boy & Little Randy
2005年7月16日公開

星になった少年 Shining Boy & Little Randy

1132005年7月16日公開

tjx********

5.0

DVD、原作をあわせてご覧ください

坂本哲夢さんが日本初最年少のゾウ使いになり、活躍をしてきた矢先、不慮の事故にあい亡くなる。哲夢さんの生涯を描いた作品です。子供のころは、家が動物プロダクションのため、哲夢さんマスコミに注目されも同級生から妬まれいじめにあう。そんな中、ゾウと出会いゾウ使いになる事を決心し、ゾウ使いになるために留学する。帰国後はゾウ使いになり、イベントで知り合ったコンパニオンの少女に恋をする。そんな中、仕事の打ち合わせにために原付バイク(原作では車)で向かった途中、ダンプカーと衝突し、哲夢さんは帰らぬ人となる。その後、今までゾウを嫌がっていた弟の貴生(原作では貴照さん)が哲夢さんの意思を引き継ぐ。(貴照さんは現在ゾウ使いをしています。哲夢さん役の柳楽優弥も貴照さんから指導を受けています。) 原作を忠実に近いぐらいの作品なので、伝わるものが大きいです。DVDを見る前、見た後に哲夢さんのお母さんである坂本小百合さんが書いた原作本2冊「星になった少年」「ゾウが泣いた日」をご覧になる事をお勧めいたします。伝わり方が倍になると思います。

閲覧数387