2005年7月9日公開

ヒトラー ~最期の12日間~

DER UNTERGANG/DOWNFALL

1552005年7月9日公開
ヒトラー ~最期の12日間~
3.9

/ 1,054

29%
43%
22%
5%
2%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

1945年4月20日、ベルリン。ソ連軍の砲火を避けるために、ヒトラー(ブルーノ・ガンツ)はドイツ首相官邸の地下要塞に退却していた。すでに正常な感覚を失っていたヒトラーは部下に実現不可能と思える作戦を熱く語っていた。

シネマトゥデイ(外部リンク)

本編配信

スマートフォンご利用の方はアプリから視聴できます。

予告編・動画

作品レビュー(313件)

絶望的23.1%悲しい16.4%恐怖15.2%切ない13.3%不気味7.6%

  • tom********

    2.0

    殺さないといけなかった人間

    それはヒトラーでしょう。

  • eri********

    4.0

    独裁者とその取り巻き達の末路

    始めてしまったら、いかに戦争を止めることが難しいのか、自国民に対して(自身に従順な者以外には)気にする思いなど微塵もないことがよく分かる。どんな反戦ものよりもその実態と凄惨さが伝わる作品。一日も早い停戦を望む。

  • mam********

    4.0

    ネタバレもう一度見たい

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • C4

    3.0

    上質ではある

    例によってパロディー動画で関心を持って視聴。 ストーリー展開、映像ともまあ合格点かなぁ、位。そんなに引き込まれないけど丁寧には作ってある。 ヒトラー役は熱演。ヒトラーってこんな人だったんだろうなと観てる人を納得させる。

  • ken********

    4.0

    帝国主義の行きつく先

    ヒトラーの最後の12日間。 ドキュメント風でもなくあくまで映画的に作られているところが好印象。 連合国に追いつめられるヒトラーの心理、異常性が如実に描かれている。 事実はわからない訳だが、ヒトラーと彼を見守った人々を 細かく表現されていたのではないかと思う。 敗戦を受け入れられない子供のようなヒトラーの激情、 かといって現実を受け入れなければならないジレンマ。 徐々に自殺へと駆り立てられる心情が痛々しくもある。 中でも、ヒトラーの部下の子供たちを毒殺で無理心中するシーンは ほんとに心が痛くなる。 戦争が勝っている時は有頂天だろうが 一旦敗戦の色が濃くなりだしたらこうも惨めなのだと思わされる。 ウクライナ侵攻のロシア、プーチン大統領もヒトラーとは違うけれど 孤独で恐怖を味わっているのかもしれない。 誰にも理解できない、理解してもらえないそんな苦しみが作品から滲み出ている。 しかし、だからこそ戦闘という愚かな行為は決して行ってはならないと思う。 このような作品を現代共産主義者は見てほしい。 何か心を揺さぶるものを感じてほしいものである。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
ヒトラー ~最期の12日間~

原題
DER UNTERGANG/DOWNFALL

上映時間

製作国
ドイツ/イタリア

製作年度

公開日

ジャンル