ここから本文です

NANA (2005)

監督
大谷健太郎
  • みたいムービー 85
  • みたログ 4,633

3.03 / 評価:1042件

星1も付けたくない

  • pun******** さん
  • 2021年7月31日 1時10分
  • 閲覧数 295
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

最近原作を久々に読み返したので、当時怖くて見れていなかった映画を勇気出して見てみましたが...
やはり見なきゃ良かったと後悔。

ナナの細さは合ってるけど、キャラや声のイメージが違いすぎました。
中島美嘉さんの声では細すぎ、儚すぎます。
覇気とパワフルさがありません。

奈々役の宮崎あおいさんは文句なしに可愛いですが、可愛いだけ。
奈々ではありませんでした。
奈々の軽さやお馬鹿さは出てましたが、あおいさんの奈々はロリすぎ。
原作はもっと見た目が大人なお姉さんなイメージだったのでガーリーすぎてなんか違うなぁと思いました。

個人的に幸子が好きなので楽しみでしたが酷すぎました。
幸子の髪型、服装、ださすぎません??
あれじゃ男はオチないです(笑)
まず、黒髪が芋くさくて全然可愛くありませんでした。

レイラも、完全なる別人。

シンとレンはもう、、、感想述べることすら馬鹿らしく思えます。


ファッションも全体的に微妙でした。

矢沢あいのお洒落さが全く生きてません。


そして問題の音楽なんですが、
ナナ達はパンクバンドなんですよね?

なぜパンクにしなかったのかが謎です。

あれじゃただのファッションパンクです。

...というか、着られてる感半端なくてファッションパンクにすらなってないです。

せめて音楽をパンクにしてほしかった。

hyde作曲のあの曲や、中島美嘉さん自体を否定してるわけではなく、
NANAの映画でブラストの音楽としてやるのは違うだろと。

世の中にゴリゴリのパンクはウケないだろーと思って歌謡曲にしたのかもしれませんが、
だったらNANAを映画化にする必要ありましたかね?

これがパンクロックだと思われるのも嫌です。


宮崎あおいさんファンには良いかもしれませんね。

奈々ではありませんでしたが、最高に可愛いくて癒されます。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ