天切り松 闇がたり
3.5

/ 13

31%
31%
8%
15%
15%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(4件)

かっこいい21.4%泣ける21.4%悲しい14.3%切ない14.3%勇敢7.1%

  • kih********

    2.0

    闇語りは闇の中で語るのがいい。

     牢獄での、犯罪人が犯罪人を諭す物語。設定は面白い。が、諭しの“闇語り”の内容は今ひとつピンと来なかった。  牢獄で犯罪人が犯罪人を…、という設定は吉田松陰の『獄に咲く花 吉田松陰の恋』にも見られる。こちらは史実である。牢獄にありながら、囚人たちを啓蒙し、獄外の弟子たちにアジテーションまで、そして恋の花を咲かせる。やりたい放題だ。  『天切り…』も『獄に…』も、こういう牢獄があろうか。松陰の場合は多分に政治的な投獄であり、それは革命指導者の“保護”であった。でも、『天切り…』の場合は市井の犯罪人のお仕置きのはず。それなのに、自由会話が認められ、監視人までが聞き入る諭しだ。有り得ない。小説で止めておいた方がよくはないか。特に、諭される囚人たちが顔をくしゃくしゃにして涙を流す、っていう場面はわざとらしさが過ぎる。  『闇語り』は闇の中で語られるのがいい。実写映画には向かない。 ‥‥‥、今回もピントの外れたレビュー、ご容赦。

  • asa********

    4.0

    豪華キャストで描く浅田次郎ワールド。

    本木克英監督作品。 浅田次郎原作のドラマです。 天切り松と呼ばれた盗人を家業とする主人公・松蔵の話。 松蔵役の中村勘三郎(当時勘九郎)さんはもちろんのこと、 脇を固める役者さんが、まあ豪華。今じゃちょっと考えられません。 渡辺謙さん、椎名桔平さん、篠原涼子さん、井川遥さん、岸部一徳さん等々。 そんな豪華キャストで、こんなニッチな(失礼!)作品を撮ってしまうという贅沢。 ただ、この作品の本当の良さは、まだ私の年齢では分かりません。 多分、あと20年後に観直したら、もっと感動できるのだと思います。

  • rsw********

    5.0

    日本人にしか描けないストーリー。

    テレビ放映時に観て、花魁になった姉が亡くなるシーンに号泣。 その後、原作本とDVDを手に入れるほど好きな作品に。 日本人の琴線に触れる繊細なストーリー。「三丁目の夕日」よりも遥かに好き。 ただし一つ苦言を呈すれば、主役の勘九郎が若い頃の松と老人になった 松の両方を演じておりちょっと無理があるかも。 今となっては無理だが、故田村高広が初老の松で、若い頃の松を田村亮が演じると いうのはどうだろうか?2人顔が似てるし、ちょっと江戸っ子っぽい きっぷの良さも表現出来そうだし。 とりあえずキャスティングを再考してもらってシリーズ化してほしい。

  • cpf********

    4.0

    続編が必要?

    原作を何度も読み返した私から見てもキャスティング、映像イメージはとても良いと思います。 本作は、説教寅と栄治がメインになっていますが、安吉親分のすごさをもっと見てみたいです。 初湯千両や清水の小政のストーリーも見たい。 天切り松闇語りの本当のかっこよさを出すには、やはり続編が必要ですね。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
天切り松 闇がたり

上映時間
-

製作国
日本

製作年度

公開日
-

ジャンル