キラー・アンツ 巨大殺人蟻の襲撃
2.0

/ 9

11%
0%
0%
56%
33%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(7件)


  • ********

    1.0

    だいぶ前に観ましたが

    私は何でコレを新作で借りたのか。 「きぇー!このプラスチック!金返せ!」と画面に言った映画です。 判ってるんですけどねぇ。 虫とか巨大〇〇のパニックホラーを、新作で借りちゃダメ。 友人に「面白かった?」と聞かれたら「プラスチックのアリンコが出てたよ」と答えます。 旧作100円でもジーザスな気分になります。

  • osu********

    2.0

    ネタバレいまどきラジカセかぁ?

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • son********

    2.0

    ゆるさを楽しむ

    C・トーマス・ハウエル主演のこの作品。 パニックものコーナーを物色していたときに 目に留まりました。 巨大蟻。。。 スキなゲーム「地球防衛軍」と重なり 迷わずレンタル♪ 偶然にもC・トーマス・ハウエル主演とは それだけで嬉しくなりました。 ヒッチャーで、ルドガーハウアーとの好演が とても魅力的だった、力強いまなざしの少年。 その後の彼の印象では「新・宇宙戦争」のレビューでも 書き込みましたが・・・・ 年をとっても力強い???目ヂカラは変わらず。 でも、この作品ではチャラっぽいキャラと なっており作品全体のカルサと妙にマッチしてます。。。。 イラクから密輸されたプルトニウムによって 巨大化した蟻付の観葉植物を運ばれた 土曜のオフィスビル。 主な登場人物は、清掃員の主人公扮するトーマス君と ある会社の女社長と部下の女性、 会社のデータを盗もうとする男とその娘、 屋上で撮影をするカメラマンとモデルの女・・・ あれだけ立派なビルにそれだけの人たち。。 でも、土曜だから~それでいいのですね。 レビューをしようと思っても突っ込みどころを 指摘するに留まることになりそうですが 全体的に「パニック」具合が小さすぎて 逆に楽しいのです。 ・蟻の姿が適当で滑稽。ときには素手で振りとばすことも 可能なのに、即座に首や足をかまれて亡くなってしまう 気の毒な人もまた滑稽。 ・登場人物のバックグランドも適当に用意され ているもさほどの奥行きになっていない、 どころか、主人公の「ムショ帰り」の理由を引っ張った あげく「車の盗み」。 彼曰く「1分で盗めるよ」茶目っ気十分です。 ・死体を見ると卒倒してしまう元FBIの女性完了の特徴は 笑いにもつながらず意味をなさない空回りな味付けに 終わっています。 ・唯一味わい深いキャラである高齢の女社長なのに 足を噛まれたことにより口から血を流し残念なラストを 迎えます。これは見ている私にも非常に残念であります。 他にも、蟻に足を噛まれ立ち上がることも できなかった男が、すぐに復活したり お粗末な脱出を試みたりと そんな意味での見所がたくさんあり、 このゆるい展開を楽しむことができる方には 必見の価値アリとみます。 パニックの緊張感やハラハラは皆無といっても いいかもしれません。 巨大化した蟻におぞましさもなければ 特に愛嬌?も感じられず ただ、ただ、その造形に呆気にとられます。 巨大蟻より、ラストの最終兵器、巨大○○のほうが インパクトありました^^

  • りぼん

    5.0

    イケる!

    題名と表紙を見て、面白くないと思った。 おまけにレビューも低い。 期待せずに見たが、悪くなかった。むしろ良かった。 でも、こういう映画を見尽くしている人にとっては、退屈かもしれない。

  • mih********

    2.0

    過去さらしの旅

    夏休みでレビューしまくる私。 いつまで続くかな? そして今回は、 私が小学校時代に見まくっていた B級モンスター映画を再見してレビューすると言う 無駄遣いレビュー第2弾! ‘第何弾”とかつけるとドラえもんみたいに 途中で放棄してしまうかも? まったく、 こんなひどい映画を見てるくらいなら、 もう一度『続夕陽のガンマン』なり 心温まる『メリー・ポピンズ』でもみりゃいいのによ! と、 こういう映画にわざわざ レビューされている方々を見て思います (私も含めて) しかも『オクトパスIN NY』 のような映画をレビューされていたkonoh1960様や、 私にわざわざファン登録して下さった osugitosi1960様がもうレビューされている・・・。 もっとも、 今回私がこの映画を見ようと思ったのは、 他でもないsugitosi1960様のレビューを読み、 記憶がよみがえってきたからです。 ほかにも、 子供時代の記憶を辿り、 そのときですら「キラー・アンツは失敗だった」 と思っていたと思い出してまた見たくなってきたからでもある。 で、 案の定ひどかった! もう突っ込みどころが蟻すぎる! 蟻すぎるんです!!文字通り。 ・~粗筋~・ 密輸プルトリウムと一緒に運ばれてきた観葉植物。 密輸団はプルトリウムを発見されないように 肥料っぽく細工して観葉植物の中に。 すると観葉植物内にいたアリンコが 遺伝子組み換えで巨大化! 植物はビルに運ばれて・・・。 というお話。 蟻はガンにならないの? とか、 植木鉢運んでて巨大蟻ぶら下がってるの見えないの? 見たいなまともなこといっちゃあいけません。 この映画を見ているとどうでも良くなってくるから不思議です。 まず映像。 全ての映像。 部分的でなく映画を通しての映像が ‘こたちょの再現ドラマ”風です。 きっと意識してやったのでしょう! そうでなきゃここまで安い映像の映画がDVDになるはずありません!! なんかこの映像見ただけで脱力しました。 あと脱力ポイントとして上げられるのが副題です。 ・~・巨大殺人蟻の襲撃・~・ ・・・・・・・この副題つけたやつ首にしろ。 ああ、 だけど蟻の大きさがわりと大きくて助かった。 今まで巨大と付いていると絶対に小さいものだったけど、 蟻みたいな本当に小さなものが、 大人のコリー犬くらいの大きさになってくれているだけで嬉しい。 ただ、 蟻なんか大きくなった所で何とかなるような気がするのだが・・・。 大きくするに足る生物でなければあまり怖くない。 例えば蜘蛛、あのおどろおどろしい姿、 8個の目玉でにらみ、毒液をはく。 気持ちわりぃい!! あとゴリラ、 圧倒的なパワーとジャングルで培った戦闘能力であばれる! 単体で恐怖感をあおれるものが巨大化に適している。 しかし、蟻となると別だ。 ありはものすごく小さいくせに肉食で、 撃ちまくっても死なず、 ヤル方法といえば水で流すくらいだ。 小さい生物が体を這い回り皮膚を食い破り、 生きたままじわじわと食われて死んで逝かせてくれるのが 蟻の存在意義である。 でかくなっては怖くない。 他にもバカみたいな登場人物、 要するに意味なくいる水着ギャルとか、 ビルから逃げ出せたんだけど主人公のために 車を運転しているときに食われる人とか、 蟻だらけの駐車場にふらふら出て行く警備員とか・・・。 程度の低いB級映画です。見なければ良かった・・・ 一見の価値はないと思います。 勿論人によりますが・・・

  • cri********

    1.0

    蟻がちゃちい

    パッケージに興味を持って借りてみたけど‥巨大した蟻がまったく本物に見えない!それだけでもう見る気は起きない 借りて見ても時間の無駄ですよ

  • hxd********

    2.0

    完全にB級

    普通サイズのアリが大群で襲ってくるのではなく、ビル内で巨大なアリが何匹かで襲ってくるのは斬新で良かったが、評価できるのはそれくらい。アリの造形は完全にゴム製だし、ストーリー展開もよくある感じ。しかも登場人物たちの脱出過程がメチャクチャで、アリから逃げて屋上に来たはずが、次のカットではいつの間にか地下へ逆戻りしているのである。出演者は結構いい俳優を使っているが、観る価値なしの駄目作といえます。

1 ページ/1 ページ中