2005年9月17日公開

シンデレラマン

CINDERELLA MAN

1442005年9月17日公開
シンデレラマン
4.1

/ 622

41%
36%
18%
2%
2%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

ボクサーとして華やかな戦歴を持つジム・ブラドック(ラッセル・クロウ)だったが、全盛期も過ぎ、ライセンスを剥奪されてしまう。そのため日雇いの仕事をしながら妻(レニー・ゼルウィガー)や子供たちと暮らしてしたがその生活は貧しく、食べ物を買うことさえもやっとだった。

シネマトゥデイ(外部リンク)

本編配信

スマートフォンご利用の方はアプリから視聴できます。

作品レビュー(231件)

泣ける25.7%勇敢22.1%かっこいい18.7%切ない10.7%絶望的5.5%

  • hik********

    4.0

    父親の愛と強さが、魔法だった。

    荒っぽい男の役が多かったラッセル・クロウが本作では、頼もしい父親役を好演。 陰で支えた妻役のレネー・ゼルウィガーも良かった。 父親の愛と強さを描いた感動作です。

  • azr********

    5.0

    ネタバレこれでもかというほどありきたりなはずなのに・・・なんだこれ涙が止まらねえ・・・

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • カエル

    3.0

    ネタバレ主人公が理想のオトン

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • 広島のウエちゃん

    5.0

    100年に一度

    この映画は100年前のことですよね。 歴史をみると、どうも100年ごとに何かが起こっている。 1929年は世界大恐慌。 そして、今はコロナ禍と中国などの共産国と他国との闘い。 今のコロナ状況はあと50年か100年後に映画になるでしょうね。 このボクシングをみながら、人間っていうのはいつの時代も ほぼ色んな苦労をしてます。 その中で、必死で生きている。 自分の信条とか信念を変えずに。 今、この時代に、この映画をみることは 希望が見えてきます。 評価が1とか2の人って、俳優さんのことだけの評価では? この時代のことを知ってほしい、学んでほしい。 どう生きればいいかが学べる内容になってます。 今こそみるべき映画じゃないでしょうか。

  • sou********

    5.0

    ネタバレコロナ不況に勇気を与えてくれる!

    このレビューにはネタバレが含まれています。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


ラッセル・クロウジム・ブラドック
レネー・ゼルウィガーメイ・ブラドック
ポール・ジアマッティジョー・グールド
クレイグ・ビアーコマックス・ビア
ブルース・マッギルジミー・ジョンストン
パディ・コンシダインマイク・ウィルソン
コナー・プライスジェイ・ブラドック
アリエル・ウォーラーローズマリー・ブラドック
パトリック・ルイスハワード・ブラドック
ロン・カナダジョー・ジャネット
デヴィッド・ヒューバンドフォード・ボンド
ローズマリー・デウィットサラ・ウィルソン
リンダ・カッシュルシール・グールド
ニコラス・キャンベルスポーティ・ルイス

基本情報


タイトル
シンデレラマン

原題
CINDERELLA MAN

上映時間

製作国
アメリカ

製作年度

公開日

ジャンル