2005年10月1日公開

蝉しぐれ

1312005年10月1日公開
蝉しぐれ
3.4

/ 401

20%
31%
28%
13%
8%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

江戸時代の東北の海坂藩。下級藩士の牧文四郎(市川染五郎)の父(緒形拳)は、藩の派閥抗争に巻き込まれ、冤罪によって切腹を命じられた。以後、文四郎は謀反をおこした父の子として数々の試練にさらされるが……。

シネマトゥデイ(外部リンク)

作品レビュー(182件)

切ない31.7%泣ける21.4%悲しい10.8%勇敢10.6%ロマンチック10.6%

  • ガレージKM1 おがた

    5.0

    大八車

    素直に素晴らしい作品でした‼️  配役に異論をされている方はおみえなのは解りますが そこを差し引いても 切腹されたご遺体を大八車で運ぶ坂道のシーンは 素晴らしい表現でした‼️  感動しました‼️  日本映画に乾杯🍺🎶🍺🎶🍺です(^^)v

  • しおびしきゅう

    3.0

    ふく……、ふく!

    BS日テレ『木曜は!特選時代劇』で鑑賞! 2022年5月5日(木)放送! オイラが2022年に観た、116本目の映画! 好きな者同士が結ばれぬ、悲恋時代劇! 前半は少年時代、そして後半は大人になってから! まあ、色色文句はあるけれど、ひとつだけ、今田耕司とふかわりょうは、少年時代のイメージからすると、逆じゃないかな? 演技自体は悪くなかったと思うけど! それに……、いや、やめておこう! 凄く良かったシーンも、ひとつだけ、挙げておく! お世継ぎを巡る陰謀に巻き込まれ、文四郎の父が切腹させられる! その亡骸を、文四郎が引き取って、大八車に乗せ、家まで運ぶシーン! 結構長い道のり! 町中では、水を掛けられたりするが、じっと耐えて、ただひたすら大八車を引いて行く! 山道に入り、坂道、上り坂に差し掛かると、猛暑、蝉しぐれの中、体力も使い果たし、手の皮は破け、なかなか登り切れず、苦戦する! 15歳と言っていたから、たぶん数え年だから、今なら13、4歳、中学生というところ! 立派そうな体つきをしているが、まだまだ力はない! もうダメかと思ったとき、ふと蝉しぐれがやみ、坂の向こうから駆けつけて来たのは、ふく! 何も言わず、仏様に手を合わせて一礼し、大八車を後ろから押す! 文四郎も、何か言うかと思ったが、何も言わない! いや、言葉は発しないが、2人の間には、会話があっただろう! 無言のまま、2人は死体を乗せた大八車を坂の上へと運ぶ! 日本の四季の景色が美しい! 映画って素晴らしい! そいつぁよかった!

  • tos********

    3.0

    今も残る風景

    江戸時代東北の藩。文四郎の父は藩の御世継ぎ争いに巻き込まれ、切腹させられる。そのため文四郎の家族も試練にさらされる。そして文四郎を慕っていた隣人の娘ふくも、また。  藤沢周平の原作は読んでません。今も残る美しい風景が印象的です。正統派時代劇という感じで、物語は良いものでした。ただそれ以上の印象が物足りなかった。キャスティングが少しユニークなところがあります。

  • par********

    3.0

    美しい生き方とそれを取り巻く自然と

    藤沢周平の映画の中でも、四季折々の日本の自然の美しさ、豊かさを散りばめ、それにマッチする情感豊かな音楽で描いている一作。  ストーリー自体は、それほど劇的な要素はない。むしろゆったりと時間が流れ、下級武士や農民の生活や理不尽な社会を、ていねいに描いている。  世の中の理不尽にも大騒ぎすることもなく、じっと耐え忍んで、強く生きていこうとする文四郎とふく。正しく、清く、美しい気持ちで繋がって生きていこうとする姿と、美しくも厳しい、そして豊かな自然とが重なって見える。  文四郎とふくは、添い遂げられなかったけれど、思いはずっと通じ合っていた。尼さんになる前に、文四郎と会うことを望み、お互いの名を呼びあう二人。  日本的な情感の様式美って言ったらいいのだろうか。生きていく中に流れる一本、芯が通っているようなもの。それが、藤沢周平の作品に感じる。

  • zig********

    4.0

    普通に良かった

    いつか観ようと思っていた作品。 やっとDVDを借りて観ました。 昔の日本人は、人としての在り方が 今の 日本人には無いものを持っていて、本当に美しいなと思いました。 ストーリーも映像も綺麗で思っていた 通りの良作でした。 一つ残念なのは、青年期と大人になった時の役者さんの顔を、もう少し近づけられたら、より一層良かったと思いました。顔が違いすぎて、市川文四郎が 登場したときに笑ってしまいました。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


ふかわりょう小和田逸平
今田耕司島崎与之助
緒形拳牧助左衛門
小倉久寛小柳甚兵衛
山下徹大矢田作之丞
利重剛石栗弥左衛門
矢島健一相羽惣六
麿赤兒尾形
田村亮藤次郎
三谷昇権六
大滝秀治関口晋助
大地康雄青木孫蔵
緒形幹太犬飼兵馬
柄本明磯貝主計
加藤武里村左内
石田卓也文四郎(子供時代)
佐津川愛美ふく(子供時代)
久野雅弘逸平(子供時代)
岩渕幸弘与之助(子供時代)

基本情報


タイトル
蝉しぐれ

上映時間

製作国
日本

製作年度

公開日

ジャンル