2005年10月1日公開

蝉しぐれ

1312005年10月1日公開
蝉しぐれ
3.4

/ 401

20%
31%
28%
13%
8%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(182件)


  • ガレージKM1 おがた

    5.0

    大八車

    素直に素晴らしい作品でした‼️  配役に異論をされている方はおみえなのは解りますが そこを差し引いても 切腹されたご遺体を大八車で運ぶ坂道のシーンは 素晴らしい表現でした‼️  感動しました‼️  日本映画に乾杯🍺🎶🍺🎶🍺です(^^)v

  • しおびしきゅう

    3.0

    ふく……、ふく!

    BS日テレ『木曜は!特選時代劇』で鑑賞! 2022年5月5日(木)放送! オイラが2022年に観た、116本目の映画! 好きな者同士が結ばれぬ、悲恋時代劇! 前半は少年時代、そして後半は大人になってから! まあ、色色文句はあるけれど、ひとつだけ、今田耕司とふかわりょうは、少年時代のイメージからすると、逆じゃないかな? 演技自体は悪くなかったと思うけど! それに……、いや、やめておこう! 凄く良かったシーンも、ひとつだけ、挙げておく! お世継ぎを巡る陰謀に巻き込まれ、文四郎の父が切腹させられる! その亡骸を、文四郎が引き取って、大八車に乗せ、家まで運ぶシーン! 結構長い道のり! 町中では、水を掛けられたりするが、じっと耐えて、ただひたすら大八車を引いて行く! 山道に入り、坂道、上り坂に差し掛かると、猛暑、蝉しぐれの中、体力も使い果たし、手の皮は破け、なかなか登り切れず、苦戦する! 15歳と言っていたから、たぶん数え年だから、今なら13、4歳、中学生というところ! 立派そうな体つきをしているが、まだまだ力はない! もうダメかと思ったとき、ふと蝉しぐれがやみ、坂の向こうから駆けつけて来たのは、ふく! 何も言わず、仏様に手を合わせて一礼し、大八車を後ろから押す! 文四郎も、何か言うかと思ったが、何も言わない! いや、言葉は発しないが、2人の間には、会話があっただろう! 無言のまま、2人は死体を乗せた大八車を坂の上へと運ぶ! 日本の四季の景色が美しい! 映画って素晴らしい! そいつぁよかった!

  • tos********

    3.0

    今も残る風景

    江戸時代東北の藩。文四郎の父は藩の御世継ぎ争いに巻き込まれ、切腹させられる。そのため文四郎の家族も試練にさらされる。そして文四郎を慕っていた隣人の娘ふくも、また。  藤沢周平の原作は読んでません。今も残る美しい風景が印象的です。正統派時代劇という感じで、物語は良いものでした。ただそれ以上の印象が物足りなかった。キャスティングが少しユニークなところがあります。

  • par********

    3.0

    美しい生き方とそれを取り巻く自然と

    藤沢周平の映画の中でも、四季折々の日本の自然の美しさ、豊かさを散りばめ、それにマッチする情感豊かな音楽で描いている一作。  ストーリー自体は、それほど劇的な要素はない。むしろゆったりと時間が流れ、下級武士や農民の生活や理不尽な社会を、ていねいに描いている。  世の中の理不尽にも大騒ぎすることもなく、じっと耐え忍んで、強く生きていこうとする文四郎とふく。正しく、清く、美しい気持ちで繋がって生きていこうとする姿と、美しくも厳しい、そして豊かな自然とが重なって見える。  文四郎とふくは、添い遂げられなかったけれど、思いはずっと通じ合っていた。尼さんになる前に、文四郎と会うことを望み、お互いの名を呼びあう二人。  日本的な情感の様式美って言ったらいいのだろうか。生きていく中に流れる一本、芯が通っているようなもの。それが、藤沢周平の作品に感じる。

  • zig********

    4.0

    普通に良かった

    いつか観ようと思っていた作品。 やっとDVDを借りて観ました。 昔の日本人は、人としての在り方が 今の 日本人には無いものを持っていて、本当に美しいなと思いました。 ストーリーも映像も綺麗で思っていた 通りの良作でした。 一つ残念なのは、青年期と大人になった時の役者さんの顔を、もう少し近づけられたら、より一層良かったと思いました。顔が違いすぎて、市川文四郎が 登場したときに笑ってしまいました。

  • kaz********

    3.0

    役者はいいのだが、テンポがゆっくり過ぎた

    文四郎役の市川染五郎、ふく役の木村佳乃、ともどもきりっとしたいい演技をしていて最後の方は見ごたえがあった。音楽もよかった。だが、お涙ちょうだいまでには至らなかった。何がどうだからこうなったのかはよくわからない。映画は原作とおり、季節感あふれていた。間(ま)の問題かもしれないなと思った。 ふくの少女時代、その後、大人になったふく、別人のように美しくなっていた。ここまで綺麗になるのか。洗練されるのか。おんなじ人? ちょっと不自然に感じた。

  • tat********

    3.0

    自分ではどうにもならない恋愛を描く

    歴史物は、役どころや当時の習慣を理解していないと、難しい。 当時の、お上の政治的強さ、とりまく陰謀、とどかぬ恋愛を描く。 自然豊かな映像は素晴らしい。

  • tom********

    1.0

    ネタバレ都合良すぎ

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • per********

    4.0

    名前

    こんな奥ゆかしく純粋な気持ちを互いに持ち続けていながら、結ばれなかった切なさ。 名前を呼び合うだけでで伝わるもの。 文四郎の「ふく」には泣いた。

  • rat********

    3.0

    古の初恋物語。愛しき女よ・・・

    子供時代が長くて、なかなか本編に入らないな~って思ってました。 時代劇と言えばチャンバラでしょってのが頭にあったんで、この若い二人の淡々とした話には、ちょっとダレました。 でも、結局この作品のクライマックスって・・・ 【ネタバレ】 親同様、世継ぎ争いに巻き込まれて、大立ち回りになっちゃうんだけど、これがまた・・・ 確かにスゴい、迫力の殺陣だったんだけど、なんかあっさりしてたんだよね。 で、自分的にはラストの二人の会話の方が印象深かった。 決して結ばれることのなかった二人だけど、お互いが想い出の中で愛しあっていたような。 そう思っていたら、最初の淡々とした若い頃の話がフィードバックしてきた。 結局、この作品、こっちが主だったんだな。切ない初恋を思いだし、胸がギュッとした一本でした。

  • xob********

    2.0

    無理あり過ぎ!

    もちろん、違い過ぎる少年期と青年期の事です。 BSで見ていたのですが、5分ほど席を外したら配役チェンジしていて、しばらく何が何だか状態でした。 他のキャストにしても無理があり過ぎる。 脚本、映像は文句無しなのに、とても残念。

  • WXYは知ってても、それだけじゃ

    2.0

    惜しいつくつく

    恋慕時代劇、子役から大変身、容姿も生き様も。

  • Multiverse

    5.0

    文部科学省選定

    大学で、この監督の講義を受講した時、この作品の話を聞けた。

  • tra********

    1.0

    邦画のダメな所が凝縮

    酷い。何だこれは。 ここまでカメラが動かない作品も珍しい。 とにかく、全てにおいてクs

  • dia********

    4.0

    ネタバレじっくり味わえる良作

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • ber********

    3.0

    山田洋次監督の藤沢作品には及ばない

    殺陣の描き方がご都合的で非常に残念だった。 敵方十数名 対 二名(内一人ヘタレ)で、どう見てもヨレヨレで息切れして、もたもたと動いてる主人公を、なかなか切りに掛からない敵共。 腕のある助っ人の登場してくる間の悪さ。 敵の親分がちょっと腕を切られたくらいでスゴスゴ引き上げる滑稽さ。 その後で出てくるラスボスの、あまりの貫禄の無さ。 挙げ連ねるとキリがないほど駄作的な演出で、「いやいやいや」「今こうしてる間に切れるだろう」「えっいまさら!?」「無い無い!」と始終笑いを込めたツッコミを入れてしまった。だったらいっそのことコメディにしてほしいくらいだ。 (それまでは至極真面目な気持ちで物語に感情移入していたので、非常に興醒めであった) 山田洋次監督の藤沢作品三部作は、殺陣演出に独自のこだわりがあり、リアリティのある描き方をしていたため、引き込まれてとても良かったせいか、つい比較をしてしまう。 しかしながら、 ヒロインと主人公の実らぬ恋、そして切ないエンディングはとてもよかった。 演出はありがちなのだけど、テーマ曲がとても美しく悲しげだ。 お笑い芸人が二人、主人公の親友として登場するが、この点はそんなに気にならなかった。 返ってほのぼのした。

  • ind********

    1.0

    お笑い

    お笑い芸人が出て来た時点で観る気なくしたが、一応最後まで観た。 見どころがよくわからないまま、最後のシーンでやっと悲恋の物語だったんだと理解した。だったらもっとそれに絞ればいいのだが、全て中途半端だった。

  • kem********

    1.0

    ネタバレキャストミス!

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • sun********

    5.0

    名を呼ばれ、悲しくとも「救われた」ふく

    ラストシーン。「ふく」と呼び、男としての想いをふりしぼってしっかと見つめた染五郎の艶っぽい眼差しがすべてを救ったと思います。                                                                 決して幸せな結末でもなく昔に戻ることもできなかったけれど、「ふく」が女を閉じる直前に、女として「救われた」瞬間の映像は美しく、涙があふれました。         傑作の小説にも秀作のテレビにもない、このシーンだけで、「普通」だったこの映画は、僕の中では、素敵で大好きな映画に昇華しました。

  • hid********

    4.0

    藤沢さんのラストシーンが好きです。

     同じ藤沢周平さんの作品である、『たそがれ清兵衛』、『隠し剣 鬼の爪』、『武士の一分』の山田洋次監督3部作も、ハートウォーミングなラストシーンでどれも好きです。  その3部作と比べて、どうだったか?なんて、監督も違うわけですし、そんな話は抜きにして、この『蝉しぐれ』のラストシーンは、とっても切ないラブストーリーに仕上がってました。  あまり時代劇を見ないボクにとっては、正直、ここまで時代劇で切ない気持ちになるとは思いませんでした。  最初の青年時代のシーンが長く、かなりスローライフな映画やなぁ・・・と少し退屈したりもしてました。必要な演出なのは分かりますけど・・・。  友人役で、今田耕司とふかわりょうが出てきたときには、もうちょっとマシなキャスティングはなかったの?と思ったりもしましたが、なかなか頑張ってたので我慢しました。  それに、ボクのお気に入りの「~がんす」の方言がないんです。残念でした。  やっぱ、総合で☆3つかなと観賞してました。    しかし、ラストの市川染五郎と木村佳乃のシーンで、☆1つ加算です。  この程度で泣くまい、と気合を入れていましたが、気づいたら、目に涙が浮かんでました。ほんの少しだけですけどね。  「一生の悔いといたしております」と市川染五郎。  「ふく」と名前を呼ばれて、嬉しそうな木村佳乃の顔。  よくある話なんですよ。  お互い好き同士だった、2人が、それぞれの道を歩んでいてですね、子供もいて普通に暮らしている。  もしですよ、もし。  2人が結婚していたら、どうなっていたの?ってのを痛切に考えさせられるシーンなわけですよ。  そんな経験がおありの方なら号泣でしょうね。    とにかく、日本という国、いや武士道は美しい。  こういう映画で涙が出そうになる人間、いや日本人で良かったと思うでがんす。

1 ページ/10 ページ中