ここから本文です

最後の恋のはじめ方 (2005)

HITCH

監督
アンディ・テナント
  • みたいムービー 216
  • みたログ 2,786

3.70 / 評価:466件

主役色恋よりデートコンサルが面白い

  • izq***** さん
  • 2020年8月29日 1時20分
  • 閲覧数 69
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

特にライバルが出て来るわけでもなく、一対一の恋愛話しで結果は見え見えだが、主役がデート コンサルタントという設定でうまく波乱や周囲の人々を演出していてシンプルに面白かった。
特にコンサル受けたさえないドジな真面目男が金持ち美女を落とすサイドストーリーが面白い。ヒロインよりも、この男を選んだ金持ち美女の方に共感が持てた。

ウィル・スミス演じるデート コンサルタントのヒッチと、エヴァ・メンデス演じるゴシップ紙記者のサラとの色恋話し。
ヒッチは、金持ち美女アレグラに気があるさえない税理士アルバートの恋路をサポート。ヒッチのアドバイスを受けて、アルバートはアレグラをものにする。
ヒッチ自身はバーで知り合ったサラと徐々に近づいていきキスまでいくが、サラの友人が男に騙され、その男をコンサルしていたのがヒッチだと判明してブチ切れ。
サラはゴシップ紙に、女を騙すデート・ドクターとしてヒッチのことを記事にし、またアルバートのこともヒッチの力を借りて金持ち美女を騙した奴として記事にする。
ヒッチは商売あがったりで、アルバートもアレグラから見放される。
ヒッチは、サラが友人ケイシーに誘われたお見合いパーティーに潜入し、自分やアルバートの恋に対する真剣さを何もわかろうとしないサラと大口論。
サラはその後、自分に誤解があったとヒッチに謝りに行くが、ヒッチからは相手にされず。
アルバートにハッパをかけられたヒッチは、アレグラのもとを訪ね、アルバートに対する誤解を解き、アレグラとアルバートは復縁。
そして、ヒッチはサラを訪ね自分の思いを伝えようとするが、サラの部屋からは男が出てきて、二人で車で立ち去る。ヒッチは車を追いかけて飛びつき、サラに告白し、二人は抱き合い仲直り。最後にあっさり終わらずに突然サラの部屋から出てきた同乗の男はサラの妹の旦那という落ちだった。
ラストはアルバートとアレグラの結婚パーティーで、ヒッチがまた人の恋路をサポートして終幕。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 楽しい
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ