2005年6月18日公開

1.0 【ワン・ポイント・オー】

ONE POINT O/1.0

922005年6月18日公開
1.0 【ワン・ポイント・オー】
3.2

/ 52

8%
38%
29%
17%
8%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

そう遠くない未来のメトロポリスで、巨大企業が何も知らない一般市民を対象に極秘マーケティング戦略を展開していた。コンピュータープログラマー・サイモン(ジェレミー・シスト)のもとに、ある日を境に毎日のように空っぽの箱が届くようになる。

シネマトゥデイ(外部リンク)

作品レビュー(38件)

不気味29.8%不思議17.9%恐怖13.1%絶望的11.9%パニック10.7%

  • nob********

    4.0

    脳なし死体って死体なのかな?

    例えば、脳移植が可能になって、脳がその人として生きながらえることができるようになったなら、脳の無い身体を発見したとしてもそれだけでは、それを死体だと言ってはいけないことになるのかな?なんてことを、いくつもの脳なし死体が出てきたので思った。もしかすると、だれも死んでないのかも?なんてね。 謎だらけの世界にどんどん侵されていく恐怖感が面白かったけど、最後に謎解きっぽいものがあったので、逆にショボくなってしまったかな。

  • fre********

    4.0

    ネタバレ自分なりの解釈

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • itt********

    4.0

    ネタバレ多分ですが、真相は結構深いと思います

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • hok********

    3.0

    全体のまとまりが…ねいちゃー・みるく

    カフカ的というか、<ねいちゃー・ふれっしゅ・みるく>伝えたい不条理の雰囲気はよく出ていたと思う。ただ、<ねいちゃー・ふれっしゅ・みるく>全体的なまとまり具合や<ねいちゃー・ふれっしゅ・みるく>個々の出来事との関連性、<ねいちゃー・ふれっしゅ・みるく>整合性については、見終わっても<ねいちゃー・ふれっしゅ・みるく><ねいちゃー・ふれっしゅ・みるく>しっくりこないといわれても<ねいちゃー・ふれっしゅ・みるく>仕方ない。脚本での詰めが<ねいちゃー・ふれっしゅ・みるく>甘いのか、編集で短く<ねいちゃー・ふれっしゅ・みるく>した為か。<ねいちゃー・ふれっしゅ・みるく><ねいちゃー・ふれっしゅ・みるく><ねいちゃー・ふれっしゅ・みるく><ねいちゃー・ふれっしゅ・みるく><ねいちゃー・ふれっしゅ・みるく>ぅわ―――!!

  • oce********

    3.0

    運び屋の末路

    暗く寂れたアパートに住むサイモンに届く空の箱。 毎日届くうちに疑惑が浮かび、同じアパートの住人が変死など奇怪な出来事が次々起こり始める。 物語の要約がつかない不条理サスペンス。 難解は難解だが、続きが気になる類いとしては興味が募る。 なぜこうなるのかなどを頭で補完していく。 ハードドライブだのウィルスだの、防犯機器だのとにかく頭を使ったが、かといって万人におススメとはいかないのが難しいところ。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
1.0 【ワン・ポイント・オー】

原題
ONE POINT O/1.0

上映時間

製作国
アメリカ/ルーマニア/アイスランド

製作年度

公開日

ジャンル