ここから本文です

男たちの大和/YAMATO (2005)

監督
佐藤純彌
  • みたいムービー 482
  • みたログ 4,110

3.72 / 評価:2256件

戦艦大和を描いた作品だが……。

  • sup***** さん
  • 2019年8月11日 23時07分
  • 閲覧数 2729
  • 役立ち度 2
    • 総合評価
    • ★★★★★

軍事に疎い人でも名前くらいは知っているであろう、帝國海軍の
戦艦大和をスポットに当てた作品です。生誕から沈没までを描いています。

いきなりですが不満点を。大和そのものよりも乗組員の人間ドラマが
重視されすぎていて、大和の生涯を描き切っていないのが残念です。
物語冒頭の時点で1944年春だなんて、展開が早過ぎます。
無論尺の都合もありますが…。海戦が描かれたのは戦争末期の
シブヤン海海戦と坊ノ岬海戦のみで、その他の海戦やエピソードは
バッサリ切られてしまっています。せめてタフィ3との海戦くらいは
描写して欲しかったと思います。

一方で人間ドラマに注力したからこそ、敵弾に斃れていく戦友や人物の死に
大きな深みを与えています。戦闘シーンは本当に迫真で、映像も凄いです。
将来有望な若者が次々に死んでいく姿は、まさしく戦場。
製作陣の気合いの入れっぷりがよく分かります。撮影のために大和の模型を
作り、メインテーマは一度作られたものの作曲者の熱意でもう一度最初から
作り直すなど、作品に対する熱い思いが伝わります。なので☆4です。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 悲しい
  • 勇敢
  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ