ここから本文です

男たちの大和/YAMATO (2005)

監督
佐藤純彌
  • みたいムービー 482
  • みたログ 4,109

3.72 / 評価:2256件

映画としては△ しかし後世に残すべき作品

  • nuc***** さん
  • 2020年3月22日 15時20分
  • 閲覧数 1986
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

戦争を題材にした映画は数あれど、年少兵にスポットを当てたモノは少ない。これはそのうちの一つです。

無謀な作戦により多大なる死者を出して轟沈する…という決まった結末に向かって人間ドラマを絡めながら進みます。

正直映画として見ると、久石さんの楽曲がシーンに合わず乱用されている・しかも合ってないので、変なタイミングでジャーンと鳴ってしまって邦画ならではの静寂が作り出す空気感は皆無です。
力の入ったセットの重厚感に比べ、CGは軽くてゲームみたい。

と酷評しましたが、現状当時を知る方も減ってしまい、あと幾年か後には全ての方が逝ってしまうでしょう。
後世に残し、作中の登場人物と同じ齢の子供たちに見せるべき映画の一つだと思います。
あとは中村獅童と反町隆史の演技が鬼気迫っていて良いです。

ちなみに大和を題材にしつつも、戦艦自体の歴史やバックストーリーは全く語られずスポットを浴びないので…大和に興味を持って見るのはおすすめしません。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • 悲しい
  • 恐怖
  • 絶望的
  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ